共有フォルダを利用中のユーザーを特定する方法(ファイルサーバー再起動前に使うテク)

2021年10月5日

本記事では、共有フォルダにアクセスしているユーザーを特定する方法を解説します。ファイルサーバーの再起動前に使うテクニックです。

管理コンソールの起動

ファイルサーバーでファイル名を指定して実行に、「mmc」と入力してください

管理コンソールが立ち上がります。「はい」を選択

管理コンソールの設定

ファイルを選択し、「スナップインの追加と削除」を選択してください

利用できるスナップインから「共有フォルダー」を追加します。

デフォルトのままで問題ありません。

共有フォルダ利用中のユーザーを特定

管理コンソールで「共有」「セッション」「開いているファイル」の3項目が選択できるようになります。

共有では、共有フォルダ毎に接続しているクライアント数を確認できます。

セッションでは、共有フォルダに接続しているユーザーの一覧が確認できます。

開いているファイルでは、現在開かれているファイルの一覧を確認できます。

最後は、管理コンソールを保存するようにしましょう。

1時間で1万円分のAmazonギフト券を確実にゲットする方法


現在、ITトレンドで普段お使いのWeb会議やチャットツール等の業務システムのレビューをするだけで1レビューにつき1,000円分のAmazonギフト券が必ず貰えるキャンペーンをやっています。

筆者も10個のレビューを書き1時間以内に1万円分のAmazonギフト券をゲットしました。

予算が無くなり次第終了となると思われるので早めにITトレンドレビュー投稿フォームにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分をゲットしましょう。詳細は以下のリンクよりご確認ください。

ITトレンド公式サイト Amazonギフト券プレゼントキャンペーンの説明へ

会社のパソコンかつ業務時間中により回答できないという方は、以下QRコードでレビューの説明記事のリンクをスマホに飛ばしておきましょう。レビューの手順と確実にゲットするための注意事項等を纏めてあります。

ITトレンドにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分を1時間で誰でも簡単にゲットする方法
ITトレンドにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分を1時間で誰でも簡単にゲットする方法