共有フォルダを利用中のユーザーを特定する方法(ファイルサーバー再起動前に使うテク)

本記事では、共有フォルダにアクセスしているユーザーを特定する方法を解説します。ファイルサーバーの再起動前に使うテクニックです。

管理コンソールの起動

ファイルサーバーでファイル名を指定して実行に、「mmc」と入力してください

管理コンソールが立ち上がります。「はい」を選択

管理コンソールの設定

ファイルを選択し、「スナップインの追加と削除」を選択してください

利用できるスナップインから「共有フォルダー」を追加します。

デフォルトのままで問題ありません。

共有フォルダ利用中のユーザーを特定

管理コンソールで「共有」「セッション」「開いているファイル」の3項目が選択できるようになります。

共有では、共有フォルダ毎に接続しているクライアント数を確認できます。

セッションでは、共有フォルダに接続しているユーザーの一覧が確認できます。

開いているファイルでは、現在開かれているファイルの一覧を確認できます。

最後は、管理コンソールを保存するようにしましょう。

あなたにオススメの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です