オンラインストレージが急速に普及している昨今、オンラインストレージ経由でのデータ外部流出を防ぐ必要があります。本記事では、標準で利用可能となっているMicrosoft OneDriveをGPOにて無効にする方法を説明します。

グループポリシー(GPO)の作成と適用手順

「グループポリシーて何?」という方は「グループポリシーの作成と適用手順」Active Directoryをフル活用して端末を完全制御しちゃおう!!で細かい説明をしていますのでご参照ください。実例を用いて説明をしていますので、全くの初心者でもグルーポプリシーが自由に扱えるようになります。

GPOによるOneDriveの無効化

OneDriveを無効化するには、以下の2ポリシーを有効にします。

・OneDriveをファイル記憶域として使用できないようにする
・Windows8.1でOneDriveをファイル記憶域として使用できないようにする

ポリシーの場所

「コンピューターの構成」⇒「ポリシー管理用テンプレート」⇒「Windowsコンポーネント」⇒「OneDrive」

「OneDriveをファイル記憶域として使用できないようにする」を有効にする

「Windows8.1でOneDriveをファイル記憶域として使用できないようにする」を有効にする

ちなみに、このポリシーはWindows Server2012、Windows8.1が完全に無い環境では未構成のままで結構です。ただ、後々メンドクサイ事になりそうなので「有効」にしておくのもアリだと思います。

【関連記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です