Ping応答を許可する:Windows Defender ファイアウォールの設定

Windowsでネットワーク通信は問題ないのにPing応答できない場合は、Windows Defender ファイアウォールでブロックされている可能性があります。Ping応答で使われているCIMPプロトコルの通信を許可する設定を説明します。

コンパネからWindows Defender ファイアウォールを開きます。(サーバーOSでもクライアントOSでも同じ)

左メニューの「詳細設定」を選択します。

「受信の規則」を選択します。「ファイルとプリンターの共有(エコー要求 – ICMPv4受信)」を右クリックして「規則の有効化」を選択します。

下図の様に、「ファイルとプリンターの共有(エコー要求 – ICMPv4受信)」に緑色の✔が付けば完了です。

IPv6を使っている場合は、「ファイルとプリンターの共有(エコー要求 – ICMPv6受信)」を有効化してください。

あなたにオススメの関連記事

質問やコメントは、お気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。