【初心者向け】PowerShellでユーザのプロパティを更新する方法

ADのユーザ情報を更新する場合は手動はやめて超簡単ですのでPowerShellを使うことを強くお勧めします。
ユーザ情報というのは下図にありますように、ユーザのIDだけでなく様々な情報を書き込めます。
私はほぼ初心者ですが、あっけなく出来てしまったので、難しそーだとか思わずに是非是非トライしてみてください!!
入力をしておくと、例えばoutlookのユーザプロパティで内線番号や部署等を閲覧することができるので大変便利です。その他にもAD連携するようなアプリケーションを利用する場合は大変有効です。

ADサーバで.ps1というPowerShellのスクリプトを実行するのが最終ゴールです。
とりあえず簡単な例で説明をしていきましょう。
既に登録済みのユーザの電子メールアドレスを登録又は変更をする方法です。
まずアップロード用のCSVを作成します。

CSVを任意のディレクトリに置き(下記ソース参照)
実行をすれば電子メールの登録又は変更をすることが瞬時に可能となります。

この方法を応用することでADユーザの情報を自由にコントロールする事が可能となります。

どうですか簡単ではないでしょうか?

オススメの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です