利用中のリモートデスクトップを○○分で強制切断する方法!!制限時間を設定

Windowsのリモートデスクトップのデフォルト設定では、何も操作しない状態(アイドル状態)で放置をしても永遠に接続されたままになります。VPN接続の場合で接続数に制限がある場合等は、アクセス数をコントロールする必要があります。本記事では、アクティブ状態のリモートデスクトップを制限時間で強制切断する方法を解説します。

ローカルグループポリシーエディタを開く

リモートデスクトップさせるOSでローカルグループポリシーエディタを開いてください。

「Winキー」 + 「Rキー」 を同時タイプ

「gpedit.msc」と入力してOK

ローカル グループポリシーエディターが立ち上がる

「アクティブなリモートデスクトップサービスセッションの制限時間を設定する」を有効にする

以下のパスにある「アクティブなリモートデスクトップサービスセッションの制限時間を設定する」を開いてください、ちょっと長いです。

コンピューターの構成 ⇒ 管理テンプレート ⇒ Windowsコンポーネント ⇒ リモートデスクトップサービス ⇒ リモートデスクトップセッションホスト ⇒ セッションの制限時間

「アクティブなリモートデスクトップサービスセッションの制限時間を設定する」を未構成から有効にし、切断までの時間をプルダウンから選択してください。

さあ、試してみましょう。

上記の検証では、制限時間を「1分」にしました。リモートデスクトップを1分利用していると「アイドルタイマーが切れました:セッションは、時間制限を超えました。2分後に切断されます。すべてのファイルを保存してください。」というポップアップが出てきます。

2分経過しました。

リモートデスクトップしているパソコンの側に「ログオン合計時間の制限に到達したため、リモートセッションを終了しました。この制限は、サーバ―管理者またはネットワークポリシーによって設定されています。」とメッセージが表示され、リモートデスクトップが強制的に切断されました。成功です。

今回の説明はアクティブ状態でしたがアイドル状態の場合に限って切断する場合は、以下の記事をご参照ください。

アイドル状態のリモートデスクトップを時間指定して自動的に切断する方法

あなたにオススメの関連記事

質問やコメントは、お気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。