リモートデスクトップにおける「セッション、切断、ログオフ」の関係性を図解で解説

2020年8月31日

リモートデスクトップの設定をしていると、セッションや切断、ログオフ等のワードが出てきます。本記事では、図解でこれらのワードの解説をします。

リモートデスクトップをすると

リモートデスクトップをするとどの様な状態になるか見ていきましょう。サーバーをリモートデスクトップする例で考えます。

リモートデスクトップを開始すると、TCP ポート3389およびUDP ポート3389のプロトコルでサーバーと接続されます。クライアントはサーバーをリモート操作中で、サーバーはActive状態(ログイン状態)になります。

セッションを切断するとは?

セッションを切断するとはどのような状態なのか説明をします。

クライアント側からみると、リモートデスクトップを終了している状態です。サーバー側はActive状態(ログオン状態)が継続されます。

よって、セッションを切断して、再度リモートデスクトップをすると切断した直前の状態が現れるわけです。

セッションを終了(ログオフ)するとは?

セッションを終了(ログオフ)するとはどのような状態なのか説明をします。

クライアント側からみると、セッションの切断と同じでリモートデスクトップを終了している状態です。サーバー側は非Active状態(ログオフ)になっています。

よって、セッションを終了(ログオフ)して、再度リモートデスクトップをするとログインから始まることになります。

表でのまとめ

表でまとめると下のようになります。

 

1時間で1万円分のAmazonギフト券を確実にゲットする方法


現在、ITトレンドで普段お使いのWeb会議やチャットツール等の業務システムのレビューをするだけで1レビューにつき1,000円分のAmazonギフト券が必ず貰えるキャンペーンをやっています。

筆者も10個のレビューを書き1時間以内に1万円分のAmazonギフト券をゲットしました。

予算が無くなり次第終了となると思われるので早めにITトレンドレビュー投稿フォームにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分をゲットしましょう。詳細は以下のリンクよりご確認ください。

ITトレンド公式サイト Amazonギフト券プレゼントキャンペーンの説明へ

会社のパソコンかつ業務時間中により回答できないという方は、以下QRコードでレビューの説明記事のリンクをスマホに飛ばしておきましょう。レビューの手順と確実にゲットするための注意事項等を纏めてあります。

ITトレンドにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分を1時間で誰でも簡単にゲットする方法
ITトレンドにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分を1時間で誰でも簡単にゲットする方法