Windows:リモートデスクトップのアクセス制限の仕方|特定のユーザーのみ許可する

2021年10月5日

リモートデスクトップをアクセス制限により、特定のユーザーに限定して許可する方法を説明します。

リモートデスクトップを特定のユーザーに限定すべき理由

ユーザーを限定させる理由は主に2つあります。

リモートデスクトップは同時に2ユーザーまで

リモートデスクトップライセンスを購入しないと、同時にリモートデスクトップ接続可能なユーザー数は2人までです。リモートデスクトップは管理者が管理するためのものなので2人までなのです。不特定多数では利用できないのでユーザーを限定しておく必要があります。

セキュリティを高めるため

リモートデスクトップ対象のサーバーorクライアントの重要度によって左右されますが、むやみにリモートデスクトップを許可しておくと、アクセスするユーザーの誤動作等によりシステム障害等に陥る可能性があります。管理者としては、ユーザーは限定しておくべきでしょう。

リモートデスクトップを特定のユーザーに限定する方法

コントロールパネルからシステムを開きます。

Windowsキー + Breakキー を押すと一発で出てきます。

左側にある「リモートの設定」をクリックします。

ユーザーの選択をクリックします。

デフォルトではAdministratorのみに権限がある状態なのでリモートデスクトップを許可したいユーザーを追加します。追加をクリックします。

リモートデスクトップを許可したいユーザーを追加します。

ユーザーyamadaが追加されました。OKをクリックします。

これで元々権限のあるAdministratorとyamadaのみがリモートデスクトップ可能となりました。

1時間で1万円分のAmazonギフト券を確実にゲットする方法


現在、ITトレンドで普段お使いのWeb会議やチャットツール等の業務システムのレビューをするだけで1レビューにつき1,000円分のAmazonギフト券が必ず貰えるキャンペーンをやっています。

筆者も10個のレビューを書き1時間以内に1万円分のAmazonギフト券をゲットしました。

予算が無くなり次第終了となると思われるので早めにITトレンドレビュー投稿フォームにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分をゲットしましょう。詳細は以下のリンクよりご確認ください。

ITトレンド公式サイト Amazonギフト券プレゼントキャンペーンの説明へ

会社のパソコンかつ業務時間中により回答できないという方は、以下QRコードでレビューの説明記事のリンクをスマホに飛ばしておきましょう。レビューの手順と確実にゲットするための注意事項等を纏めてあります。

ITトレンドにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分を1時間で誰でも簡単にゲットする方法
ITトレンドにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分を1時間で誰でも簡単にゲットする方法