特定のユーザーのみリモートデスクトップ接続を許可する方法

リモートデスクトップを特定のユーザーに限定して許可する方法を説明します。

リモートデスクトップを特定のユーザーに限定すべき理由

ユーザーを限定させる理由は主に2つあります。

リモートデスクトップは同時に2ユーザーまで

リモートデスクトップライセンスを購入しないと、同時にリモートデスクトップ接続可能なユーザー数は2人までです。リモートデスクトップは管理者が管理するためのものなので2人までなのです。不特定多数では利用できないのでユーザーを限定しておく必要があります。

セキュリティを高めるため

リモートデスクトップ対象のサーバーorクライアントの重要度によって左右されますが、むやみにリモートデスクトップを許可しておくと、アクセスするユーザーの誤動作等によりシステム障害等に陥る可能性があります。管理者としては、ユーザーは限定しておくべきでしょう。

リモートデスクトップを特定のユーザーに限定する方法

コントロールパネルからシステムを開きます。

Windowsキー + Breakキー を押すと一発で出てきます。

左側にある「リモートの設定」をクリックします。

ユーザーの選択をクリックします。

デフォルトではAdministratorのみに権限がある状態なのでリモートデスクトップを許可したいユーザーを追加します。追加をクリックします。

リモートデスクトップを許可したいユーザーを追加します。

ユーザーyamadaが追加されました。OKをクリックします。

これで元々権限のあるAdministratorとyamadaのみがリモートデスクトップ可能となりました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です