Windowsの標準機能『Snipping Tool』で範囲を指定してスクリーンショットを撮る方法

スクリーンショットを撮って何か加工する作業っていうのはIT従事者でなくても一般的になってきました。

・画面全体のスクリーンショットを撮る場合は、「Print Screen」キーを押して、エクセル等にペースト

・ウインドウのみのスクリーンショットをとる場合は、対象ウインドウを選択した状態で「Alt」キーを押しながら「Print Screen」キーを押して、エクセル等にペースト

といった手順です。

さて、エクセルにペーストして、その後に加工する手順って時間かかりませんか?

Windows10標準機能の「snipping tool」を使おう!

Windows10に標準でインストールされている「snpping tool」を利用すると選択した範囲のみのスクリーンショットを撮影できます。

まずは、Windows アクセサリにある「snpping tool」をクリック

下図のような画面が表示されますので、新規作成おクリックしてみてください

背景が真っ白になって、撮影範囲を指定する事ができます。

とりあえずyahooのロゴを切り取って見ることにしましょう
すると、下図のように表示されます。
文字を書いたり、ちょっとした編集機能があるので、利用してみましょう。
ペンアイコンを選択して適当に落書き

ちょっと適当すぎますが、下図のように簡単なメモがかけます。ペンの色等も変更可能です。ペンアイコンの右にあるのが蛍光ペンです。

最後に「フロッピーアイコン」をクリック、保存場所指定して完了です。したが実際に保存したファイルです。

 

オススメの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です