GPOでインターネット一時ファイルを残さない設定にする | ディスク容量確保と安全性向上

2021年10月5日

グルーポプリシーの作成方法

グループポリシーの作成をしたことがない初心者の方は「グループポリシーの作成と適用手順」Active Directoryをフル活用して端末を完全制御しちゃおう!!に作成手順をかみ砕いて解説いたしましたのでまずはご参照ください。実例を用いて説明をしていますので全くの初心者でもグルーポプリシーが扱えるようになります。

インターネット一時ファイルとは

Internet  Explorerで Web閲覧すると閲覧したサイトの情報(画像やプログラム)を端末に保存します。目的は次に同じサイトを見た時の表示スピードを早くすることです。Web上から表示に必要な画像等を取得する必要がないので表示スピードが速くなるわけです。その保存ファイルをインターネット一時ファイルと呼びます、よく使われる言葉だと「キャッシュ」と言ったりします。

インターネット一時ファイル保存のデメリット

インターネット一時ファイルの保存は良いことばかりではなくデメリットもあります。

ディスク容量の枯渇

インターネット一時ファイルを放置しておくとパソコンのディスク容量が減っていってしまいます。

セキュリティレベルの低下

インターネット上の情報を無尽蔵に保存していくのでセキュリティレベルが低くなります。ウイルスもキャッシュする可能性もあります。

プロキシサーバーがある場合無意味

組織のイントラネット環境では、プロキシサーバーが利用されている場合がほとんどです。プロキシサーバーもキャッシュを保持する機能を持っていますから、パソコン側にキャッシュを保持する意味がないわけです。

インターネット一時ファイルを残さない設定をGPOで配布

上記の理由から私はADを構築するときに、ブラウザが閉じる度にインターネット一時ファイルを削除する設定を入れています。

グループポリシーとしては、ブラウザーを閉じたとき、「Temporary Internet Files」フォルダーを空にするを有効にするだけで完了です。

場所は下記です。

コンピューターの構成⇒ ポリシー⇒ 管理テンプレート⇒ Windowsコンポーネント⇒ Internet Explorer⇒ 詳細設定⇒ ブラウザーを閉じたとき、「Temporary Internet Files」フォルダーを空にする

1時間で1万円分のAmazonギフト券を確実にゲットする方法

現在、ITトレンドで普段お使いのWeb会議やチャットツール等の業務システムのレビューをするだけで1レビューにつき1,000円分のAmazonギフト券が必ず貰えるキャンペーンをやっています。

筆者も10個のレビューを書き1時間以内に1万円分のAmazonギフト券をゲットしました。

予算が無くなり次第終了となると思われるので早めにITトレンドレビュー投稿フォームにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分をゲットしましょう。詳細は以下のリンクよりご確認ください。

ITトレンド公式サイト Amazonギフト券プレゼントキャンペーンの説明へ