Windows10 × ASUS UEFI BIOS構成でのWake On LAN(WOL)設定方法、起動フリーウェアも紹介

電源が切れた状態のPCを遠隔で起動させることが可能なWake On LAN(WOL)の設定をしました。Winsows10でASUS UEFI BIOSという構成での成功事例です。


Windows 10の設定

Wake On LAN(WOL)はBIOSの設定だけではなくOSの設定も変更する必要があります。

コントロールパネル ⇒ 電源オプション ⇒ システム設定と移動します。

シャットダウン設定の「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外します。チェックが入っている状態でもWOLでスリープモードからの立ち上げは可能でした。ただ、完全に電源を落とした状態から起動させる場合は、チェックを外してください。

ASUS UEFI BIOSの設定

続いて、Wake On LAN(WOL)を行うためにASUS UEFI BIOSの設定を行っていきます。

右下にあるAdvanced Mode をクリックします。

詳細タブの「APM」を選択します。

「PCIEによる電源ON」を有効にします。

フリーウェアを使ってWake On LAN(WOL)の確認をする

Wake On LAN for Windowsというフリーウェアを使ってWake On LAN(WOL)の確認を行いました。結果、問題なく電源が完全停止の状態からの起動ができました。

Wake On LAN(WOL)の仕組みとしてはマジックパケットという特殊なイーサネット・フレームを対象のパソコンに送信して電源をONにするようになっています。Wake On LAN for Windowsというフリーウェアではパソコンの指定が可能でした。

 

あなたにオススメの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です