Windows11で「Windowsの機能の有効化または無効化」を開く2つの方法

Windows11で「Windowsの機能の有効化または無効化」を開く2つの方法を解説します。

Windowsの設定から開く方法

一つ目は、Windowsの設定から「Windowsの機能の有効化または無効化」を開く方法です。

①タスクバーのWindowsアイコンをクリックします。又は、Windowsキーをタイプします。

②アプリ一覧の中に「設定」メニューがあるのでクリックします。

Windowsの設定画面が表示されます。

①「アプリ」を選択して②「オプション機能」をクリックします。

オプション機能の一番下にある「Widnowsのその他の機能」をクリックします。

「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択する画面が立ち上がりました。

コントロールパネルから開く方法

二つ目は、コントロールパネルから「Windowsの機能の有効化または無効化」を開く方法です。

①検索マークを押下します。

②検索バーに「コントールパネル」と入力します。

③コントロールパネルが表示されるので起動できます。

「プログラムと機能」をクリックします。

「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。

「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択する画面が立ち上がりました。