Windows10でLinuxコマンドを使う方法|WSL2の設定手順を具体的に解説

Windows10では、Linuxを動作させることが可能です。Windows Subsystem for LinuxというWindowsサービスが標準で用意されています。本記事では、WSL2(Windows Subsystem for Linux2)の構築手順を解説します。

WSL2をインストールする前提条件

WSL2をインストールする前提条件として以下3つも網羅しているのか確認してください。

1.BIOS(UEFI)の設定で有効になっているか。

2.Windows 10 64bit であるか確認する。(32bitでは利用できません。)

3.OSをバージョンが1903以降でビルドを18362.1049以上になっているか。

Windows標準機能の有効化

「Linux 用 Windows サブシステム」と「仮想マシンプラットフォーム」を有効にします。

コントロールパネルから「プログラムと機能」を選択します。

「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択します。

「Linux 用 Windows サブシステム」と「仮想マシンプラットフォーム」にチェックを入れます。

再起動をします。

Linuxカーネル更新プログラムのインストール・起動

以下リンクより、Linuxカーネル更新プログラムのMSIファイルをダウンロードしてください。

http://aka.ms/wsl2kernelmsix64

ダウンロードしたMSIファイルを管理者で実行します。

以下の画面が表示されますので、Nextをクリックでインストールを進めてください。1分かかりません。

WSL2が自動的に起動する設定

WSL1が起動してしまうことを防ぐために、PowerShellでWSL2が自動起動されるように設定します。

PowerShellを管理者権限で実行します。PowerShellを右クリックして、その他から「管理者として実行」を選択します。

PowerShellに以下のコマンドを打ち込んでエンター

wsl –set-default-version 2

※ wsl1をデフォルトにする場合は、wsl –set-default-version 1

重要:再起動をしてください。(私の環境では仮想NICのDNSが重複するという問題が発生しました。再起動で解決)

Linuxディストリビューションのインストール

Linuxディストリビューションは何種類か存在しますが、メジャーなUbuntuを利用することにします。

Microsoft Store でUbuntu と検索しUbuntu を選択したら入手ボタンをクリックしてください。(2021年1月現在は、最新版がUbuntu 20.04 LTSとなっています。)

Ubuntuを起動してください。

パッケージ管理システム(APT)のインストール

この時点で、Windows10でLinuxが動作しています。

Ubuntuのパッケージ管理システム(APT)をインストールして、便利なLinuxコマンドを利用できるようにしましょう。

以下のコマンドを実行して、インストール可能なパッケージ一覧を更新します。

sudo apt update

以下のコマンドでインストール済のパッケージ一覧を更新します。

sudo apt upgrade -y

これで、Linuxの便利コマンドである、「nc」や「dig」等がWindows10で利用できるようになります。

あなたにオススメの関連記事

質問やコメントは、お気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。