Windows起動時にアプリを自動実行させる方法(スタートアップ登録編)

2021年3月25日

Windowsのスタートアップにアプリを登録することで、起動時に強制的にアプリを実行することができます。本記事では、秒でスタートアップにアプリを登録する方法を解説します。

   

スタートアップフォルダを開く

「Windowsキー」+「Rキー」 でファイル名を指定して実行を開く

名前に shell:startup を入力して OK

強制起動させるアプリを登録する

以下のパスが開きます。(知らなくてもOkですが、ユーザープロファイル内にスタートアップフォルダがあるわけです。)

[ユーザープロファイル]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

このパスに起動したいアプリをドラッグ&ドロップします。

ファイルアクセスの拒否:このファイルを移動するには管理者の権限が必要です。

が表示される場合がありますが、続行を選択してください。

以下のようにアプリが置ければ、Windows起動時に実行されます。

Windowsを起動したら絶対使うようなアプリを登録しておくと起動する手間が省けるので業務が効率化されます。

また、アプリ以外でもbatファイルやショートカット等も対象になります。

1時間で1万円分のAmazonギフト券を確実にゲットする方法

現在、ITトレンドで普段お使いのWeb会議やチャットツール等の業務システムのレビューをするだけで1レビューにつき1,000円分のAmazonギフト券が必ず貰えるキャンペーンをやっています。

筆者も10個のレビューを書き1時間以内に1万円分のAmazonギフト券をゲットしました。

予算が無くなり次第終了となると思われるので早めにITトレンドレビュー投稿フォームにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分をゲットしましょう。詳細は以下のリンクよりご確認ください。

ITトレンド公式サイト Amazonギフト券プレゼントキャンペーンの説明へ