優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

Apache Cassandraの基本とSQL処理の詳細解説

この記事では、分散データベースであるApache Cassandraについて、その基本概念からSQLによるデータ処理までを詳しく解説します。

目次

Cassandraとは?

Apache Cassandraは、高い可用性とスケーラビリティを持つ、分散データベース管理システムです。大量のデータを高速に読み書きすることが可能で、特にリアルタイムの大規模データ分析に強いとされています。

Cassandraの特徴

高い可用性

Cassandraは、複数のノードでデータを分散させるため、一部のノードがダウンしてもデータの可用性を維持することができます。

スケーラビリティ

必要に応じてノードを増減させることが容易であり、データ量が増えても柔軟に対応できます。

柔軟なデータモデル

スキーマレスであり、JSON形式でデータを扱うことが可能です。これにより、柔軟にデータモデルを設計できます。

SQLによるデータ処理

基本的なCRUD操作

CREATE(作成)

CassandraではCQL(Cassandra Query Language)を使用してデータを操作します。以下は、テーブルを作成する基本的なCQLの例です。

CREATE TABLE IF NOT EXISTS ユーザー (
    ユーザーID UUID PRIMARY KEY,
    名前 TEXT,
    年齢 INT
);

READ(読み取り)

READ操作もCQLを使用して行います。以下は、データを読み取る基本的なCQLの例です。

SELECT * FROM ユーザー WHERE ユーザーID = xxxxx;

UPDATE(更新)

データの更新は以下のように行います。

UPDATE ユーザー SET 年齢 = 30 WHERE ユーザーID = xxxxx;

DELETE(削除)

データの削除は以下のように行います。

DELETE FROM ユーザー WHERE ユーザーID = xxxxx;

高度なクエリ

Cassandraでは、JOINやサブクエリなど、RDBMSで一般的なクエリはサポートされていませんが、次のような高度なクエリが可能です。

バッチ処理

複数のCQLステートメントを一つのバッチとして実行できます。

BEGIN BATCH
INSERT INTO ユーザー (ユーザーID, 名前, 年齢) VALUES (xxxxx, '田中', 25);
UPDATE ユーザー SET 年齢 = 26 WHERE ユーザーID = xxxxx;
APPLY BATCH;

まとめ

Apache Cassandraは、大量のデータを効率よく処理できる分散データベースです。基本的なCRUD操作から高度なクエリまで、CQLを使用して柔軟にデータを扱うことができます。特に、大規模なリアルタイム分析には非常に強力です。

コメント

コメントする

目次