優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

コンテナ化されたデータベースのリストアの実践方法

SQLデータベースはビジネスやアプリケーションの中枢を担っています。そのため、データベースのバックアップとリストアは非常に重要な作業となります。今回の記事では、特にDockerなどのコンテナ環境で動作するデータベースのリストアについて、具体的な手順とポイントを解説します。

目次

コンテナとは?

コンテナは、アプリケーションとその依存関係を一つのパッケージとしてまとめ、どの環境でも同じように動作させる技術です。

コンテナのメリット

  • 環境差異を気にせずにアプリケーションを動作させられる
  • リソースの効率的な利用が可能
  • スケーラビリティが高い

リストア作業の前提条件

リストア作業に取り掛かる前に確認すべきいくつかの前提条件があります。

必要なツール

  • Dockerまたは他のコンテナランタイム
  • SQLデータベースのダンプファイル
  • CLI(コマンドラインインターフェース)

作業環境

この記事では、以下の環境を前提とします。

項目内容
OSLinux
データベースMySQL
コンテナランタイムDocker
テーブル名称1

コンテナ化されたデータベースのリストア手順

実際にコンテナ内のデータベースに対してリストアを行う手順を解説します。

Step 1: コンテナの起動確認

最初に、対象となるコンテナが正常に起動しているか確認します。

docker ps

Step 2: ダンプファイルをコンテナ内にコピー

次に、ダンプファイルをコンテナ内にコピーします。

docker cp your_dump_file.sql container_id:/path/in/container/

Step 3: リストアの実行

コンテナ内でSQLデータベースにリストアを実行します。

docker exec -it container_id mysql -u root -p your_database < /path/in/container/your_dump_file.sql
コマンドオプション説明
-itインタラクティブモードで実行
-uユーザー名指定
-pパスワード入力を要求
テーブル名称2

まとめ

コンテナ環境でのデータベースリストアは、従来の物理環境や仮想環境でのリストアと基本的な手順は変わりませんが、コンテナ特有の操作が必要です。この記事で解説した手法を理解と適用することで、効率的かつ確実にデータベースのリストアを行うことができるでしょう。

コメント

コメントする

目次