優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

データベースの正規化とは?理論から実践まで詳しく解説

この記事では、データベースの正規化について詳しく解説します。正規化とは、データベース設計の過程で重要なステップであり、データの整理、効率化を目的としています。以下では、正規化の概念、それを行う理由、具体的な手法について詳しく説明します。

目次

正規化とは

正規化とは、データベース内のデータ構造を効率的にするプロセスの一つです。正確には、データの重複を排除し、データの整合性を高めるためにデータベースを設計する作業です。

正規化の目的

正規化には主に以下のような目的があります。

  • データの重複を避ける
  • データの整合性を保つ
  • クエリの効率を向上させる
  • データベースの拡張性を高める

正規化のプロセス

正規化にはいくつかのステップが存在します。以下にそれぞれを説明します。

第1正規形

第1正規形は、各レコードが一意であることを確認するプロセスです。

氏名住所注文商品
田中太郎東京リンゴ, バナナ
山田花子大阪リンゴ
第1正規形になっていないテーブル

このテーブルでは「田中太郎」さんの「注文商品」がカンマで区切られています。これを第1正規形にすると、

氏名住所注文商品
田中太郎東京リンゴ
田中太郎東京バナナ
山田花子大阪リンゴ
第1正規形にしたテーブル

第2正規形

第2正規形では、部分関数従属を排除します。

氏名住所注文商品価格
田中太郎東京リンゴ100
田中太郎東京バナナ120
山田花子大阪リンゴ100
第2正規形になっていないテーブル

このテーブルから、「価格」が「注文商品」に依存していることがわかります。これを正規化すると、

氏名住所注文商品
田中太郎東京リンゴ
田中太郎東京バナナ
山田花子大阪リンゴ
第2正規形にしたテーブル

まとめ

正規化はデータベース設計において非常に重要なプロセスです。正規化によりデータの整合性が保たれ、効率的なデータ操作が可能になります。初めてデータベースを設計する方でも、この記事を参考に正規化の手法を理解し、実践できるようになるでしょう。

コメント

コメントする

目次