優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

フルバックアップを使用した災害復旧計画の設計と実施

データベースは企業にとって非常に価値のある資産ですが、災害などの非常事態が発生した場合、そのデータが失われるリスクがあります。この記事では、SQLデータベースのフルバックアップを使用して災害復旧計画を立てる方法について詳しく解説します。

目次

なぜフルバックアップが必要か

データベースのバックアップ方法はいくつかありますが、フルバックアップは全てのデータをコピーする最もシンプルかつ確実な方法です。これにより、災害時に最も短時間でシステムを復旧させることができます。

バックアップの種類

バックアップにはいくつかの種類がありますが、主にフルバックアップ、差分バックアップ、トランザクションログバックアップがあります。

バックアップの種類特徴適用ケース
フルバックアップ全データをコピー災害復旧、一般的なバックアップ
差分バックアップ前回のフルバックアップ以降の変更データのみデータ量が大きい場合
トランザクションログバックアップトランザクションログをコピー頻繁なデータ変更がある場合
バックアップの種類と特徴

フルバックアップの手順

バックアップ先の選定

バックアップデータを保存する場所を選定します。一般に、ローカルストレージ、クラウドストレージ、テープなどがあります。

保存場所特徴
ローカルストレージ高速な読み書きが可能
クラウドストレージリモートアクセスが可能
テープ長期保存に適している
バックアップ先の選定

バックアップの設定

SQL Server Management Studio(SSMS)などのツールを使用して、バックアップの設定を行います。

-- フルバックアップのSQLコマンド
BACKUP DATABASE [YourDatabaseName]
TO DISK = 'C:\\BackupFolder\\YourDatabaseName.bak';

災害復旧計画

復旧手順の設計

復旧手順を明確にすることで、災害時に混乱を避け、迅速に対応することが可能です。

手順詳細
確認現状のデータベースの状況を確認
選定適切なバックアップデータを選定
復旧バックアップデータを使用してデータベースを復旧
復旧手順

緊急連絡網の構築

災害が発生した場合に、迅速な対応が求められるため、緊急連絡網をしっかりと構築しておく必要があります。

まとめ

フルバックアップはデータベースの災害復旧において非常に重要な手段です。バックアップ先の選定から設定、そして災害時の復旧手順に至るまで、しっかりと計画を立てておくことが成功の鍵となります。

コメント

コメントする

目次