優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

ビジネスルールをER図に組み込む方法

この記事では、ビジネスルールをER(Entity-Relationship)図に組み込む具体的な手法を解説します。ER図はデータベースの設計において極めて重要なツールの一つですが、ビジネスルールとその組み込み方には注意が必要です。この記事は、SQLを用いたデータベース設計に精通している方を対象にしています。

目次

ビジネスルールとは

ビジネスルールは、組織が運営する上での制約や規則を表現するものです。これには、業績評価の基準、人事ポリシー、データ管理ポリシーなどが含まれます。これらのルールをデータベースに適切に反映させることが、効率的な情報システムを構築する鍵となります。

ER図におけるビジネスルールの表現

属性の制約

属性に対する制約は、一般的にER図の属性名の近くに注釈として記述します。例えば、「年齢は0以上100以下」というビジネスルールがある場合、ER図にはその制約を明記します。

属性制約
年齢0以上100以下
属性に対する制約の例

エンティティ間の関連

エンティティ間の関連にもビジネスルールが存在します。例えば、一人の従業員は一つの部署にしか所属できないというルールがある場合、ER図でその関連を明示する必要があります。

エンティティ関連ビジネスルール
従業員所属一つの部署にしか所属できない
エンティティ間の関連に対するビジネスルールの例

SQLでのビジネスルールの実装

ビジネスルールは、SQLにおいても制約として実装できます。主にCHECK制約や外部キー制約、トリガーなどが用いられます。

CREATE TABLE 従業員 (
  ID INT PRIMARY KEY,
  名前 VARCHAR(50),
  年齢 INT CHECK (年齢 >= 0 AND 年齢 <= 100),
  部署ID INT,
  FOREIGN KEY (部署ID) REFERENCES 部署(ID)
);

まとめ

ビジネスルールは、ER図作成時にも、SQLでのデータベース設計にも密接に関連しています。属性に対する制約やエンティティ間の関連性にビジネスルールを適切に組み込むことで、より効率的なデータベースシステムを構築できます。

コメント

コメントする

目次