優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

ストアドプロシージャの実行と呼び出し方

ストアドプロシージャは、SQL ServerやMySQLなどのリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)で一連の処理をまとめたものです。この記事では、ストアドプロシージャの実行方法と呼び出し方について詳しく解説します。
目次

ストアドプロシージャとは?

ストアドプロシージャは、一連のSQL命令を一つにまとめ、名前を付けて保存することができる機能です。これにより、同じ処理を何度も書かなくても、名前を指定して呼び出すだけで処理が実行できます。

ストアドプロシージャのメリット

  • コードの再利用性が高まる
  • メンテナンスが容易になる
  • パフォーマンスが向上する可能性がある
  • ストアドプロシージャの作成方法

    ストアドプロシージャは、CREATE PROCEDURE文を使用して作成します。

    基本的な構文

    CREATE PROCEDURE プロシージャ名
    AS
    SQL文;
    

    具体的な例

    CREATE PROCEDURE ShowEmployees
    AS
    SELECT * FROM employees;
    

    ストアドプロシージャの実行方法

    ストアドプロシージャの実行方法は、主に以下の2種類です。
    実行方法 説明
    EXEC EXECキーワードを使用してプロシージャを実行
    CALL CALLキーワードを使用してプロシージャを実行
    テーブル1: ストアドプロシージャの実行方法

    EXECによる実行例

    EXEC ShowEmployees;
    

    CALLによる実行例

    CALL ShowEmployees();
    

    パラメータ付きのストアドプロシージャ

    パラメータを使用することで、ストアドプロシージャがより柔軟になります。

    パラメータの指定方法

    CREATE PROCEDURE ShowEmployeeByID (@ID INT)
    AS
    SELECT * FROM employees WHERE id = @ID;
    

    パラメータ付きストアドプロシージャの実行方法

    EXEC ShowEmployeeByID 1;
    

    まとめ

    ストアドプロシージャは、一連のSQL処理をまとめて再利用性とメンテナンス性を向上させる有用な機能です。この記事で説明した基本的な作成方法と実行方法をマスターすれば、データベース操作がより効率的になります。

    コメント

    コメントする

    目次