BtoB向けサービスをお得に発注【SBIバリュープレイス】詳細はコチラ

SQLでのデッドロックハンドリング方法

この記事では、SQLで発生する可能性のあるデッドロックについて、その解消方法やアプリケーションレベルでのハンドリングについて詳しく解説します。具体的なSQLクエリ例や、デッドロックの原因、そして解消のためのベストプラクティスもご紹介します。

目次

デッドロックとは

デッドロックとは、複数のトランザクションが相互にリソース(テーブルや行など)をロックし合い、お互いが先に進めなくなる現象です。

デッドロックの典型的な原因

デッドロックの典型的な原因には、以下のようなものがあります。

  • ロックの取得順序が不確定である
  • 長時間にわたるトランザクションの存在
  • ロック粒度が大きすぎる

デッドロックを避ける方法

デッドロックを避けるためには、いくつかの手法が存在します。

ロック取得の順序を固定する

複数のトランザクションがロックを取得する際の順序を固定することで、デッドロックを回避することが可能です。

タイムアウトを設定する

SQL ServerなどのRDBMSでは、ロックのタイムアウト時間を設定することができます。これによって、長時間ロックが続いた場合に自動的にロックが解除されるようになります。

アプリケーションレベルでのデッドロックハンドリング

アプリケーションレベルでデッドロックをどう扱うかは非常に重要です。ここでは、その具体的な手法について解説します。

例外処理を用いる

デッドロックが発生した場合には、アプリケーション側で例外をキャッチして適切に処理することが求められます。

try:
    # SQLクエリの実行
except DeadlockException as e:
    # デッドロック時の処理

再試行ロジックを実装する

デッドロックが発生した場合、一定時間待ってから同じトランザクションを再試行するというロジックも有用です。

retry_count = 0
while retry_count < 3:
    try:
        # SQLクエリの実行
        break
    except DeadlockException as e:
        retry_count += 1
        time.sleep(5)

まとめ

デッドロックは避けられない現象である場合もありますが、その発生を最小限に抑える方法や、発生した際の適切なハンドリング方法について知っておくことは非常に重要です。アプリケーションレベルでの対応をしっかりと行うことで、より堅牢なシステムを構築することができます。

コメント

コメントする

目次