BtoB向けサービスをお得に発注【SBIバリュープレイス】詳細はコチラ

JSONデータをリレーショナルデータに変換するSQLの手法

本記事では、JSONデータをリレーショナルデータに変換するSQLの方法について詳しく解説します。この手法は、APIから収集したJSONデータをデータベースに格納したい場合や、既存のリレーショナルデータベースとの連携を図りたい場合に非常に有用です。

目次

はじめに

JSON(JavaScript Object Notation)は、データ交換のための軽量なデータ形式の一つです。一方、リレーショナルデータは、RDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)で広く用いられています。この二つのデータ形式の間での変換は、多くの現代のアプリケーション開発で一般的な作業です。

JSONデータとリレーショナルデータの基本

JSONデータの特性

JSONデータは、名前と値のペアで構成され、シンプルなデータ構造を持っています。

リレーショナルデータの特性

リレーショナルデータは、テーブル、行、列から成る構造を持っています。各行は一意のキーによって識別されます。

変換方法

手法1: SQLのJSON関数を使用

SQLにはJSONデータを扱うための関数がいくつか存在します。これを使用することで、JSONデータをリレーショナルデータに変換できます。

SELECT JSON_VALUE(json_column, '$.key')
FROM table_name;

具体的な例

JSONデータSQLクエリ出力
{“名前”: “田中”, “年齢”: 30}SELECT JSON_VALUE(json_column, ‘$.名前’) FROM table_name;田中
{“名前”: “山田”, “年齢”: 25}SELECT JSON_VALUE(json_column, ‘$.年齢’) FROM table_name;25
テーブル名称1: JSONデータとSQLクエリの対応

手法2: 一時テーブルを使用

一時テーブルを作成し、そのテーブルにJSONデータを挿入。その後、SQLのJOINやSELECTを使用して、リレーショナルデータとして利用する方法です。

-- 一時テーブルを作成
CREATE TEMP TABLE temp_table AS
SELECT * FROM json_populate_record(NULL::your_table, json_data);

具体的な例

JSONデータ一時テーブルSQLクエリ出力
{“名前”: “田中”, “年齢”: 30}temp_tableSELECT 名前 FROM temp_table;田中
{“名前”: “山田”, “年齢”: 25}temp_tableSELECT 年齢 FROM temp_table;25
テーブル名称2: 一時テーブルとSQLクエリの対応

まとめ

JSONデータとリレーショナルデータの間でのデータ変換は多くのアプリケーションで必要とされます。SQLのJSON関数や一時テーブルを使用することで、この変換作業を効率的に行うことができます。

コメント

コメントする

目次