優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

SQLでCOUNT()関数をマスターする方法

この記事では、SQLにおけるCOUNT()関数の使い方と実例について解説します。COUNT()関数は、SQLクエリで行数や特定の列の数を数える際に非常に役立つ関数です。基本的な使い方から少し複雑な応用例まで、具体的なSQLコードと日本語のデータを使って説明します。

目次

COUNT()関数の基本

COUNT()関数は、SQLで行や列の数を計算するために使用される関数です。総行数を知る場合や、特定の条件に合った行数を知る場合など、多くの場面で使用されます。

基本的な構文

COUNT()関数の基本的な構文は以下のようになります。

SELECT COUNT(列名)
FROM テーブル名
WHERE 条件;

全行の数を計算する

全行の数を計算する最もシンプルな例です。

SELECT COUNT(*)
FROM ユーザー;

条件を指定してCOUNT

特定の条件に合った行数を数える場合の使い方を見ていきましょう。

特定の列に条件を適用

COUNT()関数はWHERE句と組み合わせることで、特定の条件に合った行数だけを計算することができます。

SELECT COUNT(名前)
FROM ユーザー
WHERE 年齢 >= 20;

GROUP BYとの組み合わせ

COUNT()関数は、GROUP BY句と組み合わせることで、各グループにおける行数を計算することができます。

[h3]例:都道府県ごとのユーザー数

SELECT 都道府県, COUNT(名前)
FROM ユーザー
GROUP BY 都道府県;

テーブルでの例

以下のテーブルを例に取ります。

名前年齢都道府県
田中25東京
佐藤30大阪
鈴木22東京
ユーザーテーブル

このテーブルで「都道府県が東京のユーザー数」を求める場合、COUNT()関数を以下のように使用します。

SELECT COUNT(名前)
FROM ユーザー
WHERE 都道府県 = '東京';

まとめ

COUNT()関数は、SQLで行や列の数を計算する際に非常に便利な関数です。基本的な使い方から、WHERE句やGROUP BY句と組み合わせた応用例まで、さまざまな場面でCOUNT()関数が活躍します。この記事で紹介した方法を理解し、実践に活かしてください。

コメント

コメントする

目次