優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

MongoDBのCRUD操作:基本のコマンドをマスターする

この記事では、MongoDBのCRUD(Create、Read、Update、Delete)操作に関する基本的なコマンドを詳しく解説します。MongoDB初心者から中級者まで、実際に手を動かしながら学べる内容となっています。

目次

はじめに:MongoDBとは

MongoDBは、非リレーショナルデータベースの一つで、JSON形式のドキュメントを用いたデータの格納が可能です。多くの企業やプロジェクトで利用されており、柔軟性とスケーラビリティが評価されています。

CRUD操作とは

CRUDとは、Create(作成)、Read(読み取り)、Update(更新)、Delete(削除)の頭文字を取ったもので、データベースで基本的な操作を表します。

各操作の意味

操作意味
Create新しいデータを作成
Readデータを読み取る
Updateデータを更新する
Deleteデータを削除する
各CRUD操作の意味

MongoDBでのCRUD操作

MongoDBにおけるCRUD操作について、具体的なコマンドとその使い方を解説します。

Create(作成)

新規にデータを追加するための基本的なコマンドは`insertOne()`と`insertMany()`です。

insertOne()

一つのドキュメントをコレクションに追加します。

db.collection.insertOne({ 名前: "田中", 年齢: 30 })

insertMany()

複数のドキュメントを一度にコレクションに追加します。

db.collection.insertMany([{ 名前: "田中", 年齢: 30 }, { 名前: "佐藤", 年齢: 25 }])

Read(読み取り)

データを読み取る基本的なコマンドは`find()`と`findOne()`です。

find()

条件に一致するドキュメントをすべて取得します。

db.collection.find({ 年齢: { $gte: 25 } })

findOne()

条件に一致する最初の一つのドキュメントを取得します。

db.collection.findOne({ 年齢: 25 })

Update(更新)

データを更新するための基本的なコマンドは`updateOne()`と`updateMany()`です。

updateOne()

条件に一致する最初の一つのドキュメントを更新します。

db.collection.updateOne({ 名前: "田中" }, { $set: { 年齢: 31 } })

updateMany()

条件に一致するすべてのドキュメントを更新します。

db.collection.updateMany({ 年齢: { $gte: 25 } }, { $set: { 状態: "アクティブ" } })

Delete(削除)

データを削除するための基本的なコマンドは`deleteOne()`と`deleteMany()`です。

deleteOne()

条件に一致する最初の一つのドキュメントを削除します。

db.collection.deleteOne({ 名前: "田中" })

deleteMany()

条件に一致するすべてのドキュメントを削除します。

db.collection.deleteMany({ 年齢: { $lt: 20 } })

まとめ

MongoDBのCRUD操作は非常に直感的で使いやすいものとなっています。この記事で紹介した基本的なコマンドをマスターすることで、MongoDBを効率よく活用できるようになるでしょう。

コメント

コメントする

目次