優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

複数カラムを使用したSQLのGROUP BY処理の実践ガイド

SQLのGROUP BY句は、特定の列を基準に行をグループ化する際に非常に有用です。しかし、単一カラムだけでなく複数カラムを使ってグループ化する場合があります。この記事では、複数カラムを使用したGROUP BY処理の基本から応用までを詳しく解説します。

目次

GROUP BYの基本

GROUP BY句は、指定したカラムに基づいてデータをグループ化します。これにより、集約関数(SUM, COUNT, AVGなど)を用いて、各グループのデータを簡単に解析することが可能です。

SELECT column1, COUNT(*)
FROM table_name
GROUP BY column1;

複数カラムでのグループ化

単一のカラムでグループ化するだけでなく、複数のカラムを指定してグループ化することもできます。その場合の基本的な書き方は以下の通りです。

SELECT column1, column2, COUNT(*)
FROM table_name
GROUP BY column1, column2;

実践的な例

以下は、商品の売り上げデータを使った複数カラムによるGROUP BYの実践的な例です。

データの前提条件

商品の売り上げデータテーブル(sales)があり、以下のようなデータが格納されていると仮定します。

商品名売り上げ
リンゴ1月100
リンゴ1月50
バナナ1月200
バナナ2月300
テーブル名称1

複数カラムでGROUP BYを使ったクエリ

商品名と月ごとに売り上げを合計するSQLクエリは以下の通りです。

SELECT 商品名, 月, SUM(売り上げ)
FROM sales
GROUP BY 商品名, 月;

このクエリによって出力されるデータは以下の通りです。

商品名合計売り上げ
リンゴ1月150
バナナ1月200
バナナ2月300
テーブル名称2

まとめ

複数カラムを使用したGROUP BYは、より複雑なデータ分析に必要な手法です。基本的なSQLの知識を有しているならば、この記事で紹介した実践的な例を参考に、自分自身のデータ解析作業を効率よく行うことができるでしょう。

コメント

コメントする

目次