優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

MySQLでデータ暗号化を行うAES_ENCRYPTとAES_DECRYPT関数の使い方

この記事では、MySQLで提供されているAES_ENCRYPTとAES_DECRYPT関数を用いて、データの暗号化と復号をどのように行うかについて詳細に説明します。これらの関数は、特にセキュリティが重要なデータを扱う際に有用です。具体的な使用例やSQLコードを交えて、分かりやすく解説していきます。

目次

AES_ENCRYPTとAES_DECRYPTとは

AES(Advanced Encryption Standard)は、データを安全に暗号化するための一般的な暗号アルゴリズムです。MySQLにおいては、このアルゴリズムを利用したAES_ENCRYPTとAES_DECRYPTという2つの関数が提供されています。

AES_ENCRYPTの基本構文

AES_ENCRYPT関数は、以下のような形で使用されます。

AES_ENCRYPT(data, key_string)

AES_DECRYPTの基本構文

一方で、AES_DECRYPT関数は以下のように使用されます。

AES_DECRYPT(crypt_str, key_string)

関数の使用例

ここでは具体的な使用例を通して、これらの関数の使い方を理解していきましょう。

データベースとテーブルの作成

まずは、使用するデータベースとテーブルを作成します。

CREATE DATABASE sampleDB;
USE sampleDB;

CREATE TABLE userInfo (
    id INT PRIMARY KEY AUTO_INCREMENT,
    username VARCHAR(50),
    password VARBINARY(256)
);

データの挿入と暗号化

次に、AES_ENCRYPT関数を使用してデータを暗号化しながら挿入します。

INSERT INTO userInfo(username, password) VALUES ('John', AES_ENCRYPT('password123', 'secret_key'));

データの抽出と復号化

最後に、AES_DECRYPT関数を使用してデータを復号化しながら抽出します。

SELECT id, username, AES_DECRYPT(password, 'secret_key') FROM userInfo WHERE username = 'John';

関数の注意点

これらの関数を使用する上での注意点としては、以下のものがあります。

  • key_stringは暗号化と復号化で同じものを使用する必要があります。
  • AES_ENCRYPT関数で暗号化したデータはVARBINARY型で保存することが推奨されます。
関数注意点
AES_ENCRYPTVARBINARY型で保存
AES_DECRYPTkey_stringは暗号化と復号化で同じ
注意点まとめ

まとめ

この記事では、MySQLでのデータ暗号化と復号化を行うAES_ENCRYPTとAES_DECRYPT関数について詳しく解説しました。セキュリティが重要なデータを安全に扱うために、これらの関数の使い方をしっかりと理解することが重要です。

コメント

コメントする

目次