優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

SQLでのセーブポイントとトランザクションの違いについて

この記事では、SQLでよく使われる「セーブポイント」と「トランザクション」の違いについて解説します。これらの用語はデータベース操作において重要な概念であり、効率的なデータベース管理のために理解が必要です。

目次

セーブポイントとは

セーブポイントとは、トランザクション内で特定の時点をマークするための機能です。このセーブポイントを設定することで、後でその時点にロールバックすることが可能となります。

セーブポイントの設定方法

一般的なSQLデータベースでは、以下のようにしてセーブポイントを設定します。

SAVEPOINT セーブポイント名;

セーブポイントからロールバックする方法

セーブポイントに戻る場合は、以下のコードを実行します。

ROLLBACK TO セーブポイント名;

トランザクションとは

トランザクションとは、データベースにおける一連の操作のことを指します。この操作群は一つの単位として扱われ、全て成功するか全て失敗するかのどちらかとなります。

トランザクションの開始方法

以下のコードでトランザクションを開始することが一般的です。

BEGIN;

トランザクションのコミットとロールバック

トランザクション内の変更を確定させる場合はCOMMIT、変更を破棄する場合はROLLBACKコマンドを用います。

COMMIT;
ROLLBACK;

セーブポイントとトランザクションの違い

項目セーブポイントトランザクション
目的特定の時点をマーク一連の操作をまとめる
スコープトランザクション内データベース全体
コミットできないできる
ロールバック可能可能
セーブポイントとトランザクションの違い

まとめ

セーブポイントとトランザクションは、それぞれ特定の目的とスコープで使用されます。セーブポイントは特定の時点をマークするためにトランザクション内で使用され、トランザクションは一連のデータベース操作を一つの単位として扱います。理解と適切な使用がデータベース管理の効率を高める鍵です。

コメント

コメントする

目次