優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

SQLにおけるAVG()関数で平均値を計算する具体的な手法と注意点

この記事では、SQLにおいてAVG()関数を用いて平均値を計算するステップとその注意点について詳しく解説します。SQLはデータベース操作に不可欠な言語であり、AVG()関数は数値データの平均値を求める際に非常に便利です。しかし、その使用方法や制約も存在するため、適切な知識が必要です。

目次

AVG()関数とは

AVG()関数は、SQLの集計関数の一つで、特定のカラムの平均値を計算します。この関数は数値型のカラムでのみ使用可能であり、NULL値は無視されます。

基本構文

基本的な使用法は以下のようになります。

SELECT AVG(column_name) FROM table_name WHERE condition;

平均値を計算するステップ

データベースとテーブルの準備

平均値を計算する前に、データベースとテーブルの準備が必要です。以下の例では、従業員の月給を格納した「salary」カラムを持つ「employees」テーブルを用います。

CREATE TABLE employees (
  id INT PRIMARY KEY,
  name VARCHAR(50),
  salary INT
);

テーブルにデータを挿入

次に、テーブルに具体的なデータを挿入します。

INSERT INTO employees (id, name, salary) VALUES
(1, '田中', 300000),
(2, '佐藤', 320000),
(3, '鈴木', 290000);

AVG()関数を使用して平均値を計算

準備ができたら、AVG()関数を使用して平均値を計算します。

SELECT AVG(salary) FROM employees;

結果の解釈

このSQLクエリによって、employeesテーブルの「salary」カラムの平均値が計算されます。

AVG(salary)
303333.3333
テーブル名称1:平均給与の計算結果

注意点と制約

NULL値の取り扱い

AVG()関数はNULL値を無視します。すなわち、NULL値は平均値の計算に影響を与えません。

非数値カラムでの使用はエラー

AVG()関数は数値型のカラムでのみ使用できます。非数値型のカラムで使用しようとするとエラーが発生します。

GROUP BYとの併用

AVG()関数は、GROUP BY句と組み合わせて使用することもあります。この場合、各グループに対する平均値が計算されます。

まとめ

AVG()関数はSQLにおいて平均値を簡単に計算できる強力な関数です。しかし、NULL値の扱いや数値型カラムでのみの使用など、注意点も存在します。適切に使用することで、データ分析の幅が広がります。

コメント

コメントする

目次