優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

SQLのバックアップとリストアの基本

この記事では、SQL(Structured Query Language)において非常に重要な2つの処理、バックアップとリストアの基本について解説します。これらの処理はデータの安全性を確保する上で欠かせないものであり、SQLを用いてデータベースを運用する際には必須の知識です。

目次

バックアップとは

バックアップは、データベースのデータを外部のストレージに保存することで、データの紛失や破損が起こった場合でも元に戻すことができるようにする手続きです。

バックアップの種類

SQLでのバックアップには主に以下の3種類が存在します。

  • フルバックアップ
  • 差分バックアップ
  • ログバックアップ

フルバックアップ

全てのデータをバックアップします。最もシンプルで確実な方法ですが、データ量が多いと時間がかかる可能性があります。

差分バックアップ

前回のフルバックアップ以降に変更されたデータのみをバックアップします。データ量は少なく済むため、時間の短縮が可能です。

ログバックアップ

トランザクションログをバックアップします。トランザクションの履歴を保存することで、細かい時点での復元が可能です。

バックアップの手順

一般的なSQLバックアップの手順は以下の通りです。

  1. データベースの選択
  2. バックアップの種類の選択
  3. バックアップの実行
  4. バックアップデータの確認
手順詳細
データベースの選択バックアップを行うデータベースを選びます。
バックアップの種類の選択フル、差分、ログのいずれかを選びます。
バックアップの実行選択した条件でバックアップを実行します。
バックアップデータの確認成功した場合、バックアップデータを外部ストレージ等で確認します。
バックアップの一般的な手順

リストアとは

リストアは、バックアップからデータベースを復元する過程です。この処理により、データベースが何らかの理由で破損または紛失した場合でも、元の状態に戻すことができます。

リストアの手順

一般的なSQLリストアの手順は以下の通りです。

  1. バックアップデータの選択
  2. 復元先のデータベースの選択
  3. リストアの実行
  4. データの確認
手順詳細
バックアップデータの選択復元に使用するバックアップデータを選びます。
復元先のデータベースの選択データを復元するデータベースを選びます。
リストアの実行選択した条件でリストアを実行します。
データの確認成功した場合、データが正確に復元されたか確認します。
リストアの一般的な手順

まとめ

バックアップとリストアは、SQLでのデータベース運用において非常に重要な処理です。特に、データが多くて貴重な場合、これらの手続きは必須です。本記事で解説した基本的な知識と手順を理解し、適切なバックアップとリストアを行うことで、データの安全性を高めましょう。

コメント

コメントする

目次