優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

SQLの基本操作:インサート、アップデート、デリート完全ガイド

この記事では、SQL(Structured Query Language)でデータベースに行う基本的な操作、特に「インサート(挿入)」、「アップデート(更新)」、「デリート(削除)」について詳しく説明します。実際のSQLクエリ例と共に、各操作がどのようにデータベースに影響を与えるのかを解説します。

目次

SQLとは

SQL(Structured Query Language)は、データベース管理システム(DBMS)でデータを操作するための言語です。この言語を使用することで、データの挿入、更新、削除などが行えます。

インサート(挿入)

基本構文

インサートは新しいデータをテーブルに追加する操作です。基本的なSQLクエリの形式は以下のようになります。

INSERT INTO テーブル名 (列1, 列2, 列3,...) VALUES (値1, 値2, 値3,...);

具体例

名前年齢住所
田中25東京
鈴木30大阪
テーブル名称1:元のテーブル

このテーブルに新しいデータを追加する場合、

INSERT INTO ユーザー (名前, 年齢, 住所) VALUES ('山田', 22, '福岡');

アップデート(更新)

基本構文

アップデートは既存のデータを修正する操作です。基本的なSQLクエリの形式は以下です。

UPDATE テーブル名 SET 列1 = 値1, 列2 = 値2,... WHERE 条件;

具体例

名前年齢住所
田中25東京
鈴木30大阪
テーブル名称2:元のテーブル

「田中」の住所を「名古屋」に変更する場合、

UPDATE ユーザー SET 住所 = '名古屋' WHERE 名前 = '田中';

デリート(削除)

基本構文

デリートはテーブルからデータを削除する操作です。基本的なSQLクエリの形式は以下です。

DELETE FROM テーブル名 WHERE 条件;

具体例

名前年齢住所
田中25東京
鈴木30大阪
テーブル名称3:元のテーブル

「田中」のデータを削除する場合、

DELETE FROM ユーザー WHERE 名前 = '田中';

まとめ

この記事では、SQLの基本的な操作である「インサート」、「アップデート」、「デリート」について説明しました。これらの基本操作を理解することで、データベースの構造や動作がより深く理解できるでしょう。

コメント

コメントする

目次