優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

CAST関数を使ってSQLでデータ型を変換する方法

この記事では、SQLでよく使用されるCAST関数について詳しく解説します。CAST関数はデータ型を変換するための関数であり、データベースでのデータ操作において非常に重要な役割を果たします。この記事では、CAST関数の基本的な使い方から応用例までを詳しく解説します。

目次

CAST関数とは?

CAST関数は、SQLにおいて特定のデータ型を別のデータ型に変換するための関数です。たとえば、文字列を整数に、または整数を浮動小数点数に変換する際に使用されます。

基本的な使い方

基本的な構文

CAST関数の基本的な構文は以下のようになります。

SELECT CAST(変換前のデータ AS 変換後のデータ型);

文字列を整数に変換

文字列から整数への変換の基本的な使い方の例を以下に示します。

SELECT CAST('123' AS INT);

このクエリを実行すると、’123’という文字列が整数の123に変換されます。

応用例

小数点以下を切り捨て

CAST関数を使って、浮動小数点数から整数へ変換することで、小数点以下を切り捨てることができます。

SELECT CAST(123.456 AS INT);

このクエリを実行すると、123.456が123に変換され、小数点以下が切り捨てられます。

日付のデータ型変換

日付データを異なる形式やデータ型に変換する例を以下に示します。

SELECT CAST('2022-01-01' AS DATE);

このクエリを実行すると、’2022-01-01’という文字列がDATE型の2022-01-01に変換されます。

注意点とトラブルシューティング

データ型の互換性

すべてのデータ型が他のデータ型に変換できるわけではありません。変換できない組み合わせには注意が必要です。

変換前変換後備考
INTSTRING可能
STRINGDATE日付形式に依存
データ型の互換性表

まとめ

CAST関数は、SQLでデータ型を変換するための非常に便利な関数です。基本的な使い方から応用例、そして注意点まで、幅広く解説しました。データ操作の際には、このCAST関数をうまく利用して、より効率的なデータ操作を行いましょう。

コメント

コメントする

目次