優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

SQLで実現する階層的クラスタリングと非階層的クラスタリングの違いについて

データ分析の現場でよく使用されるテクニックの一つが、クラスタリングです。特に、階層的クラスタリングと非階層的クラスタリングは、それぞれ独自の特長と利点があります。本記事では、SQLを使ってこれらのクラスタリングをどのように実現できるのか、その違いと具体的な実装について解説します。

目次

クラスタリングとは

クラスタリングとは、大量のデータをいくつかのグループ(クラスタ)に分ける手法です。この手法は、マーケティング戦略、顧客セグメンテーション、製品開発など、多くの場面で活用されます。

クラスタリングの目的

一般的にクラスタリングは以下のような目的で行われます。

  • データの構造を理解する
  • 類似データを識別する
  • 異常値を検出する

階層的クラスタリングと非階層的クラスタリング

階層的クラスタリングと非階層的クラスタリングは、クラスタの形成方法が異なります。

階層的クラスタリング

この手法は、データを階層構造に分類します。最初は各データポイントが独自のクラスタとされ、似ているクラスタ同士が結合されていきます。

特徴利点欠点
階層的な構造解釈が容易一度結合したら分解不可
階層的クラスタリングの特徴

非階層的クラスタリング

非階層的クラスタリングでは、あらかじめクラスタ数を決定して、データを分類します。

特徴利点欠点
固定のクラスタ数計算が早いクラスタ数を予測する必要
非階層的クラスタリングの特徴

SQLでの実装

SQLを用いることで、独自のクラスタリングアルゴリズムを実装することも可能です。

階層的クラスタリングのSQL例

WITH RECURSIVE clustering AS (
-- 初期条件
),
SELECT ...
FROM clustering

非階層的クラスタリングのSQL例

SELECT kmeans_function(...)
FROM your_table;

まとめ

階層的クラスタリングと非階層的クラスタリングは、それぞれ一長一短があり、用途によって使い分ける必要があります。特にSQLを用いることで、柔軟なデータ分析が可能です。具体的な問題に対してどちらの手法を用いるべきかは、その特性を理解した上で判断することが重要です。

コメント

コメントする

目次