優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

SQLでCOMMITの基本的な使い方とその効果を理解する

この記事では、データベース操作における重要な要素である「COMMIT」の基本的な使い方とその効果について解説します。COMMITは、トランザクションを正式に完了させるSQLコマンドです。正確にどのように動作するのか、どのような場面で使用されるのかを詳しく見ていきましょう。

目次

COMMITとは?

COMMITは、データベースにおいて一連の操作(トランザクション)を確定するコマンドです。このコマンドが実行されると、それまでの変更がデータベースに反映されます。

トランザクションとは

トランザクションとは、一連のデータベース操作のことを指します。例えば、複数のテーブルにデータを挿入・更新するような一連の処理が該当します。

COMMITの重要性

COMMITがないと、データベースの状態が不確かなままになり、データの整合性が保たれません。また、他のユーザーがその変更を見ることはできません。

基本的な使い方

COMMITの基本的な使い方は非常にシンプルです。トランザクションの最後に以下のようなSQLコマンドを実行するだけです。

COMMIT;

実例

例えば、商品の在庫管理システムで、商品Aと商品Bの在庫数を変更する場合を考えます。

BEGIN;
UPDATE 在庫 SET 数量 = 数量 - 1 WHERE 商品名 = '商品A';
UPDATE 在庫 SET 数量 = 数量 + 1 WHERE 商品名 = '商品B';
COMMIT;

この例では、最初に`BEGIN`でトランザクションを開始し、最後に`COMMIT`で確定しています。

COMMITの効果

COMMITを実行すると、以下のような効果があります。

項目効果
データの保存実行中のトランザクションによって変更されたデータが確定します。
ロックの解除トランザクション中にロックされていたリソースが解放されます。
他のユーザーへの反映COMMITが実行された時点で、他のユーザーもそのデータの変更を確認できます。
COMMITの主な効果

注意点

COMMITを実行する前には、必ずその変更が正しいかどうかを確認する必要があります。一度COMMITを実行すると、その変更は取り消せません(ROLLBACKを使って取り消す設定がされていない限り)。

まとめ

COMMITは、データベース操作で非常に重要なコマンドです。トランザクションを正式に完了させ、その変更をデータベースに確定する役割を果たします。使い方は非常にシンプルですが、その影響は大きいため、慎重に操作する必要があります。

コメント

コメントする

目次