BtoB向けサービスをお得に発注【SBIバリュープレイス】詳細はコチラ

SQLにおけるデータ正規化の手法とは

この記事では、SQLにおけるデータ正規化の基本的な手法とその際のデータ整理方法について詳しく解説します。データベースを効率的に管理するためには、正規化は避けては通れないテーマです。特に、業務でデータベースを扱う方やデータベースの設計を学びたい方にとって、この知識は非常に有用です。

目次

データ正規化とは

データ正規化とは、データベース内のデータを効率的に管理するための手法の一つです。具体的には、データの冗長性を排除し、データの整合性を保つために行われます。

正規化の目的

正規化の主な目的は以下の3点です。

  • データの冗長性を排除する
  • データの整合性を維持する
  • クエリの効率を向上させる

正規化のプロセス

正規化は、一般的に1NF(第一正規形)から3NF(第三正規形)までありますが、高度な用途ではそれ以上の正規形も存在します。

1NF(第一正規形)

1NFは、すべての列が原子的な値(分割できない値)であるように設計される正規形です。

顧客ID購入商品
1テレビ, 冷蔵庫
2洗濯機
正規化前のテーブル
顧客ID購入商品
1テレビ
1冷蔵庫
2洗濯機
1NF適用後のテーブル

2NF(第二正規形)

2NFは、すべての部分依存(一部の主キーに依存する属性)を排除する正規形です。

顧客ID購入日商品ID商品名
12021-01-01101テレビ
12021-01-01102冷蔵庫
2NF適用前のテーブル
顧客ID購入日商品ID
商品ID商品名
12021-01-01101
101テレビ
102冷蔵庫
2NF適用後のテーブル

3NF(第三正規形)

3NFは、推移的依存(他の属性を経由して依存する属性)を排除する正規形です。

商品ID商品名カテゴリカテゴリ説明
101テレビ家電電化製品
102冷蔵庫家電電化製品
3NF適用前のテーブル
商品ID商品名カテゴリID
カテゴリIDカテゴリカテゴリ説明
101テレビ1
1家電電化製品
3NF適用後のテーブル

正規化の際のデータ整理方法

正規化を行う際には、以下のようなデータ整理方法が有用です。

属性の整理

1. まず、何が主キーになるかを考えます。
2. 次に、その主キーに依存する属性(列)を特定します。
3. 依存する属性が分かれば、それに基づいてテーブルを分割します。

依存関係の整理

1. 主キーとそれに依

存する属性の依存関係を明確にします。
2. 部分依存や推移的依存が存在する場合は、それらを排除します。

SQLコマンドの活用

正規化を行うSQLコマンドも多く存在します。例えば、ALTER TABLEコマンドを用いて列を追加したり、DROP COLUMNを用いて列を削除したりします。

ALTER TABLE 商品 ADD COLUMN カテゴリID INT;
DROP COLUMN カテゴリ説明;

まとめ

データ正規化は、データベースを効率的に運用する上で欠かせないスキルです。1NF、2NF、3NFと進めていくことで、冗長性を排除し、整合性を高め、クエリの効率も向上させることが可能です。この記事で述べた基本的な手法とデータ整理方法を理解し、実践していくことが大切です。

コメント

コメントする

目次