優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

日付範囲を指定してデータをエクスポートするSQL処理の手法

SQLでデータベースから情報を取得する際、特定の日付範囲でデータをエクスポートするケースは多々あります。この記事では、日付範囲を指定してデータをエクスポートする具体的なSQL処理方法について解説します。

目次

基本的なSQLクエリの構造

日付範囲を指定する前に、SQLクエリの基本構造を理解することが重要です。

クエリの部分説明
SELECT取得するカラムを指定
FROMデータを取得するテーブル名
WHERE条件を設定
ORDER BY並び替えるカラムと方向
基本的なSQLクエリの構造

日付範囲の指定方法

日付範囲を指定するための主なSQL関数は以下のとおりです。

BETWEEN演算子

BETWEEN演算子を使用すると、指定した2つの値の間にある行を選択できます。

SELECT * FROM テーブル名 WHERE 日付カラム BETWEEN '開始日' AND '終了日';

単一の比較演算子

通常の比較演算子(>、<、>=、<=)も使用できます。

SELECT * FROM テーブル名 WHERE 日付カラム >= '開始日' AND 日付カラム <= '終了日';

具体例:従業員の出勤日をエクスポート

仮に、従業員の出勤日のデータが格納されているテーブルがあり、特定の期間で出勤した従業員の一覧をエクスポートしたいと考えます。

従業員ID出勤日
12023-01-01
22023-01-02
32023-01-02
12023-01-03
従業員の出勤日のデータ例

このテーブルから、2023年1月1日から2023年1月2日までの出勤データをエクスポートするクエリは以下のようになります。

SELECT * FROM 出勤テーブル WHERE 出勤日 BETWEEN '2023-01-01' AND '2023-01-02';

まとめ

日付範囲を指定してSQLでデータをエクスポートするには、BETWEEN演算子または単一の比較演算子を使用します。これにより、必要な期間だけのデータを効率よくエクスポートできます。

コメント

コメントする

目次