BtoB向けサービスをお得に発注【SBIバリュープレイス】詳細はコチラ

SQLで日付と時刻を操作する完全ガイド

SQLにおいて、日付と時刻の操作はデータベース管理において頻繁に出現する作業の一つです。本記事では、SQLで日付と時刻を効率的に操作するための方法を、具体的なコードとともに詳しく解説します。

目次

SQLでの日付と時刻の基礎

SQLには、日付や時刻を操作するための多数の関数や演算子が用意されています。基本的には、以下の3つのカテゴリに分けられます。

  • 日付と時刻の取得
  • 日付と時刻の加算・減算
  • 日付と時刻のフォーマット変更

日付と時刻のデータ型

日付と時刻のデータを扱う際には、使用するデータ型に注意が必要です。

データ型説明
DATE日付のみを格納
TIME時刻のみを格納
TIMESTAMP日付と時刻を格納
テーブル1: 日付と時刻のデータ型

日付と時刻の取得方法

SQLで日付と時刻を取得する基本的な方法を紹介します。

CURRENT_DATE、CURRENT_TIME関数

現在の日付や時刻を取得するためには、`CURRENT_DATE`や`CURRENT_TIME`といった関数が使用されます。

SELECT CURRENT_DATE;
SELECT CURRENT_TIME;

日付と時刻の加算・減算

INTERVALキーワード

日付や時刻に対して加算や減算を行う場合、`INTERVAL`キーワードがよく用いられます。

SELECT CURRENT_DATE + INTERVAL '1 day';
SELECT CURRENT_TIME - INTERVAL '1 hour';
演算サンプルコード
1日加算SELECT CURRENT_DATE + INTERVAL ‘1 day’;
1時間減算SELECT CURRENT_TIME – INTERVAL ‘1 hour’;
テーブル2: 日付と時刻の加算・減算

日付と時刻のフォーマット変更

TO_CHAR関数

日付や時刻のフォーマットを変更するには、`TO_CHAR`関数が役立ちます。

SELECT TO_CHAR(CURRENT_TIMESTAMP, 'YYYY-MM-DD');
関数変換後のフォーマット
TO_CHARYYYY-MM-DD
テーブル3: フォーマット変更関数

まとめ

SQLで日付と時刻を効率よく操作するための方法として、日付と時刻の取得、加算・減算、フォーマット変更の3つのポイントを中心に解説しました。これらの基本を押さえることで、より高度な日付と時刻の操作も容易になるでしょう。

コメント

コメントする

目次