優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

SQLで使用するデータベース制約の種類と設定方法

この記事では、SQL(Structured Query Language)で使用されるデータベース制約の種類とその設定方法について詳しく解説します。制約はデータベースのデータ整合性を保つ重要な機能であり、適切な設定が必要です。それぞれの制約についての具体的な例と共に説明を進めていきます。

目次

データベース制約とは

データベース制約とは、テーブルに保存されるデータに対して適用されるルールの一つです。これによって、データの整合性が保たれます。

主要なデータベース制約の種類

制約名説明
NOT NULLNULL値を許可しない
UNIQUE重複した値を許可しない
PRIMARY KEYテーブル内で一意の値を持つ
FOREIGN KEY他のテーブルの値と関連付ける
CHECK特定の条件を満たす必要がある
主要なデータベース制約

各制約の設定方法

NOT NULL制約

NOT NULL制約は、特定の列でNULL値を許可しないようにする制約です。

CREATE TABLE employees (
  id INT NOT NULL,
  name VARCHAR(50) NOT NULL,
  age INT
);

UNIQUE制約

UNIQUE制約は、特定の列で重複する値を許可しないようにする制約です。

CREATE TABLE employees (
  id INT UNIQUE,
  name VARCHAR(50),
  age INT
);

PRIMARY KEY制約

PRIMARY KEY制約は、テーブル内で一意である必要がある列を指定する制約です。

CREATE TABLE employees (
  id INT PRIMARY KEY,
  name VARCHAR(50),
  age INT
);

FOREIGN KEY制約

FOREIGN KEY制約は、他のテーブルの列との関係を指定する制約です。

CREATE TABLE orders (
  order_id INT PRIMARY KEY,
  customer_id INT,
  FOREIGN KEY (customer_id) REFERENCES customers(customer_id)
);

CHECK制約

CHECK制約は、特定の条件を満たす必要がある列に適用する制約です。

CREATE TABLE employees (
  id INT,
  age INT CHECK (age >= 18)
);

まとめ

データベース制約は、データの整合性を保つために重要な機能です。NOT NULL, UNIQUE, PRIMARY KEY, FOREIGN KEY, CHECKなどが主要な制約であり、それぞれ適切に設定することでデータベースの品質を高めることができます。

コメント

コメントする

目次