BtoB向けサービスをお得に発注【SBIバリュープレイス】詳細はコチラ

SQLにおける差分バックアップの基本とそのメリット・デメリットについて

この記事では、SQL環境における「差分バックアップ」に焦点を当て、その基本的な概念、メリット、デメリットについて詳しく解説します。

目次

差分バックアップの基本

差分バックアップとは、前回のフルバックアップ以後に変更されたデータだけをバックアップする手法です。これにより、データのリカバリーが必要な場合、最後のフルバックアップと最新の差分バックアップだけを用いてデータを復元することが可能です。

差分バックアップの動作プロセス

ステップ説明
フルバックアップ実行データベース全体をバックアップします。
データ変更データベースに変更が加えられます。
差分バックアップ実行最後のフルバックアップ以後に変更されたデータのみをバックアップします。
差分バックアップの動作プロセス

差分バックアップのメリット

ストレージの節約

フルバックアップよりも少ないデータ量で済むため、ストレージを節約できます。

高速なバックアップ

全データをバックアップするわけではないため、バックアップ作業は比較的速いです。

バックアップ種類所要時間
フルバックアップ長い
差分バックアップ短い
バックアップの所要時間比較

差分バックアップのデメリット

リカバリーの複雑性

フルバックアップと最新の差分バックアップの2つが必要なため、リカバリーが少し複雑です。

リスクの増加

どちらか一方のバックアップが破損していると、リカバリーが不可能になる可能性があります。

バックアップ種類リカバリーの複雑性リスク
フルバックアップ低い
差分バックアップ高い高い
バックアップのリスクとリカバリーの複雑性比較

まとめ

差分バックアップは、ストレージと時間の節約が可能ですが、リカバリーが少し複雑であり、破損のリスクも考慮する必要があります。このような特性を理解した上で、自分の環境に最適なバックアップ戦略を考えることが重要です。

コメント

コメントする

目次