優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

SQLインデックスの最適化と調整

SQLのインデックスはデータベースの検索速度を高速化するための重要な仕組みですが、設定が不適切だと逆にパフォーマンスが低下することもあります。この記事では、インデックスの最適化と調整について詳しく解説します。

目次

インデックスとは

インデックスは、データベースで高速なデータ検索を行うためのデータ構造です。ただし、インデックス自体もディスクスペースを消費するため、無闇に多くのインデックスを作成するとそのメリットが減少します。

インデックスの種類

基本的には二つの主要なインデックスが存在します。

  • クラスタインデックス
  • ノンクラスタインデックス

クラスタインデックスとは

データそのものの物理的な並び替えを行います。

ノンクラスタインデックスとは

データそのものはそのままで、参照用のインデックスを作成します。

インデックスの最適化

インデックスを最適化するにはいくつかの手段があります。

カーディナリティの高い列を選ぶ

カーディナリティが高い(一意の値が多い)列にインデックスを作成すると、検索効率が向上します。

[h3]不要なインデックスを削除するカバリングインデックスを活用する

必要なすべての列がインデックスに含まれている場合、データ本体へのアクセスなしにクエリが完了するため、パフォーマンスが向上します。

インデックスの調整

インデックスの最適化だけでなく、調整も必要です。

フラグメンテーションの調整

時間とともにインデックスはフラグメンテーション(断片化)していくため、定期的な再構築または再整理が必要です。

フィルファクターの調整

フィルファクターは、インデックスページにどれだけデータを詰め込むかを決定するパラメータです。これを調整することで、ディスクI/Oを削減できます。

実践例

以下に、インデックスの最適化と調整の一例を示します。

-- カーディナリティの高い列にインデックスを作成
CREATE INDEX idx_high_cardinality ON table_name(column_name);
-- 不要なインデックスを削除
DROP INDEX idx_unnecessary ON table_name;
-- カバリングインデックスを作成
CREATE INDEX idx_covering ON table_name(column1, column2);
処理SQLコマンド
カーディナリティの高い列にインデックスを作成CREATE INDEX idx_high_cardinality ON テーブル名(列名);
不要なインデックスを削除DROP INDEX idx_unnecessary ON テーブル名;
カバリングインデックスを作成CREATE INDEX idx_covering ON テーブル名(列1, 列2);
インデックスの最適化と調整の実践例

まとめ

インデックスはSQLのパフォーマンスを大きく左右する要素の一つです。しかし、適切な最適化と調整が行われていないと、逆にパフォーマンスが低下する可能性もあります。最適なインデックス設定を行うことで、高速なデータベース検索が可能となり、ビジネスにおける意思決定もスムーズに行えるようになります。

コメント

コメントする

目次