優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

SQLでJOINの使い方と種類を完全解説

この記事では、SQLにおけるJOINの使い方とその種類について詳しく解説します。JOINはテーブル同士を繋げる際に非常に便利なコマンドであり、データベース操作においては必須のスキルと言えます。この記事を通じて、基本的な使い方から応用テクニックまで身につけていきましょう。

目次

JOINとは何か?

JOINとは、複数のテーブルから特定の条件に基づいてデータを結合するSQLの一機能です。これにより、分散して保存されたデータを一つのテーブルとして操作できるようになります。

基本構文

基本的なJOINの構文は以下の通りです。

SELECT column1, column2, ...
FROM table1
JOIN table2
ON table1.column = table2.column;

JOINの種類

SQLにはいくつかの種類のJOINがあります。それぞれの特徴と使い方を見ていきましょう。

INNER JOIN

INNER JOINは、結合するテーブルの共通のレコードのみを返します。

SELECT column1, column2, ...
FROM table1
INNER JOIN table2
ON table1.column = table2.column;
商品ID商品名カテゴリ
1りんごフルーツ
2バナナフルーツ
テーブル名称1:商品テーブル

LEFT JOIN

LEFT JOINは、左テーブルのすべてのレコードと、右テーブルの一致するレコードを返します。一致しない場合はNULLが返されます。

SELECT column1, column2, ...
FROM table1
LEFT JOIN table2
ON table1.column = table2.column;
商品ID在庫数
1100
250
テーブル名称2:在庫テーブル

RIGHT JOIN

RIGHT JOINは、LEFT JOINとは逆で、右テーブルのすべてのレコードと、左テーブルの一致するレコードを返します。

SELECT column1, column2, ...
FROM table1
RIGHT JOIN table2
ON table1.column = table2.column;

FULL OUTER JOIN

FULL OUTER JOINは、すべてのレコードを返します。一致するレコードがない場合は、NULLが返されます。

SELECT column1, column2, ...
FROM table1
FULL OUTER JOIN table2
ON table1.column = table2.column;

まとめ

この記事で紹介したJOINの各種類は、データベース操作において頻繁に使用されるものです。特にINNER JOINとLEFT JOINは、日常的なデータ抽出に非常に便利です。理解と習得を急ぎましょう。

コメント

コメントする

目次