優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

SQLでのLENGTH()とCHAR_LENGTH()の違いと使用例

この記事では、SQLでよく使われる文字列関数である`LENGTH()`と`CHAR_LENGTH()`の違いと使用例について詳しく解説します。これらの関数は非常によく似ていますが、微妙に異なる点があります。それを理解して使いこなすことで、SQL処理がよりスムーズになります。

目次

LENGTH()とCHAR_LENGTH()の基本的な違い

LENGTH()とCHAR_LENGTH()関数は、SQLで文字列の「長さ」を測定する際に使用されます。しかし、この二つの関数は微妙に異なる挙動を示します。

関数説明
LENGTH()バイト数で文字列の長さを返す
CHAR_LENGTH()文字数で文字列の長さを返す
関数の基本的な違い

バイト数とは?

「バイト数」とは、文字列がメモリ上で占めるスペースのことを指します。特にマルチバイト文字(日本語など)を扱う際には注意が必要です。

文字数とは?

「文字数」とは、文字列に含まれる文字の数を指します。この数は、使用する文字によってバイト数とは異なる場合があります。

使用例と注意点

それでは、具体的な使用例を通じて、これらの関数の違いを見ていきましょう。

LENGTH()の使用例

SELECT LENGTH('こんにちは') AS length_result;

このSQLクエリを実行すると、`length_result`は10となります。これは、’こんにちは’という文字列がUTF-8でエンコードされている場合、各文字が3バイトで、合計10バイトになるためです。

CHAR_LENGTH()の使用例

SELECT CHAR_LENGTH('こんにちは') AS char_length_result;

このSQLクエリを実行すると、`char_length_result`は5となります。これは、’こんにちは’という文字列には5文字含まれているからです。

注意点

マルチバイト文字を扱う場合、特に日本語を扱う場合は、CHAR_LENGTH()を使用することが多いです。それは、日本語の文字は通常、UTF-8エンコードで1文字3バイトとなるため、LENGTH()では期待する結果が得られない場合があるからです。

まとめ

LENGTH()とCHAR_LENGTH()は、それぞれバイト数と文字数で文字列の長さを測定します。特にマルチバイト文字を扱う場合は、これらの違いをしっかり理解しておくことが重要です。

コメント

コメントする

目次