BtoB向けサービスをお得に発注【SBIバリュープレイス】詳細はコチラ

SQLにおけるデータベースオブジェクトの命名規則

この記事では、SQLでのデータベースオブジェクト(テーブル、ビュー、ストアドプロシージャなど)の命名規則について詳しく説明します。適切な命名規則は、プロジェクトの維持やデータベースの運用を効率的に行うために非常に重要です。
目次

命名規則の重要性

命名規則は、データベースオブジェクトを一貫性をもって識別し、後で維持・運用する際の手間を減らすために重要です。

命名規則のメリット

  • 可読性が向上する
  • 維持・運用が容易になる
  • 新メンバーがプロジェクトに参加しやすくなる
  • 基本的な命名規則

    テーブル名

  • 名詞を使用する
  • 複数形より単数形を使用する
  • アンダースコア(_)を使って単語を繋ぐ
  • 良い例 悪い例
    customer customers
    order_detail OrderDetails
    良いテーブル名と悪いテーブル名の例

    カラム名

  • 何を格納するのか明確にする
  • 全て小文字とする
  • アンダースコア(_)を使って単語を繋ぐ
  • 良い例 悪い例
    first_name FirstName
    email_address eMail
    良いカラム名と悪いカラム名の例

    ビュー名

  • 「v_」を接頭詞として使用する
  • その後に具体的な名前を続ける
  • 良い例 悪い例
    v_customer_info customerInfoView
    v_order_summary OrderSummaryView
    良いビュー名と悪いビュー名の例

    ストアドプロシージャ

  • 「sp_」を接頭詞として使用する
  • その後に具体的な動詞+名詞の形式で命名
  • 良い例 悪い例
    sp_get_customer GetCustomer
    sp_update_order UpdateOrderProcedure
    良いストアドプロシージャ名と悪いストアドプロシージャ名の例

    その他の注意点

    予約語の避け方

  • 予約語を使用しない
  • 予約語が必要な場合は、接頭詞や接尾詞を付ける
  • まとめ

    命名規則は、データベースを効率的に管理するために非常に重要です。この記事では、テーブル名、カラム名、ビュー名、ストアドプロシージャ名における一般的な命名規則とそのメリットについて説明しました。

    コメント

    コメントする

    目次