優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

SQLで特定の操作のみを許可するパーミッション設定の方法

この記事では、SQLにおいて特定の操作のみを許可するためのパーミッション設定について詳しく解説します。データベースを運用する上で、セキュリティは非常に重要な要素です。特定のユーザーに対して、読み取り、書き込み、削除などの特定の操作のみを許可する設定が可能です。

目次

なぜパーミッション設定が必要なのか

データベースには様々な種類のデータが保存されています。全てのユーザーが全てのデータに対してフリーアクセスできる状態は、セキュリティ上非常に危険です。それを防ぐためには、ユーザー毎にアクセスできる操作を制限する「パーミッション設定」が必要となります。

パーミッションの種類

パーミッション説明
READデータの読み取りのみ許可
WRITEデータの書き込みのみ許可
DELETEデータの削除のみ許可
ALL全ての操作を許可
テーブル名称1

SQLでのパーミッション設定の基本文法

ユーザー作成

ユーザーを作成する際にパーミッション設定を行うこともあります。

CREATE USER 'username'@'localhost' IDENTIFIED BY 'password';

パーミッションの付与

以下のSQL文は、特定のテーブルに対してREAD権限を付与します。

GRANT SELECT ON database_name.table_name TO 'username'@'localhost';

パーミッションの確認

ユーザーに付与されているパーミッションを確認するには以下のSQL文を使用します。

SHOW GRANTS FOR 'username'@'localhost';

パーミッションの削除

以下のSQL文で、特定のパーミッションを削除します。

REVOKE SELECT ON database_name.table_name FROM 'username'@'localhost';

よくあるパーミッション設定の例

ユーザーパーミッション設定するSQL文
管理者ALLGRANT ALL ON *.* TO ‘admin’@’localhost’;
一般ユーザーREADGRANT SELECT ON database_name.* TO ‘user’@’localhost’;
ゲストなしREVOKE ALL ON *.* FROM ‘guest’@’localhost’;
テーブル名称2

まとめ

SQLで特定の操作のみを許可するためのパーミッション設定は、データベースのセキュリティを高める上で非常に重要です。具体的なSQL文を用いた例を通して、いかに簡単に設定できるかを説明しました。これを機に、ぜひ実際に試してみてください。

コメント

コメントする

目次