優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

SQLのRaiserrorとThrow:違いと使い時について

この記事では、SQLのエラーハンドリングメソッドであるRaiserrorとThrowについて、その違いと使い時に焦点を当てて解説します。SQL開発者やデータベース管理者(DBA)が遭遇するエラー処理の疑問点を解決することを目指します。

目次

RaiserrorとThrowの基本的な違い

RaiserrorとThrowはどちらもSQL Serverで用いられるエラーハンドリングの方法ですが、いくつかの重要な違いがあります。

RaiserrorThrow
古いバージョンから存在SQL Server 2012以降で利用可能
メッセージIDを指定可能メッセージIDは自動で生成される
独自のエラーメッセージを設定できる独自のエラーメッセージの設定が制限される
テーブル1:RaiserrorとThrowの基本的な違い

Raiserrorの使い方

Raiserrorは主に以下のようなシナリオで用いられます。

  • 独自のエラーメッセージを生成する
  • 特定のエラーレベルを指定する
  • エラーを発生させることで、特定の処理をスキップする

Raiserrorの基本的な構文

Raiserrorの基本的な構文は以下の通りです。

RAISERROR (message_text, severity, state)

パラメーターの説明

  • message_text:エラーメッセージのテキスト内容
  • severity:エラーの重要度(0~25)
  • state:エラーの状態(通常は1を使用)

Throwの使い方

Throwは主に以下のようなシナリオで用いられます。

  • 再スローされた元のエラーを維持する
  • 手軽にエラーを生成する

Throwの基本的な構文

Throwの基本的な構文は以下の通りです。

THROW [error_number, message, state];

パラメーターの説明

  • error_number:エラーの番号(オプション)
  • message:エラーメッセージ(オプション)
  • state:エラーの状態(オプション)

RaiserrorとThrowの使い時

一般的に、Raiserrorはより詳細なエラーハンドリングが必要な場合に使用され、Throwは簡潔なエラーメッセージを生成する場合に使用されます。

Raiserrorの使い時Throwの使い時
エラーメッセージのカスタマイズが必要元のエラー情報を維持したい
特定のエラーレベルを設定したいコードが短くてシンプルな方が好ましい
テーブル2:RaiserrorとThrowの使い時

まとめ

RaiserrorとThrowはSQL Serverでのエラーハンドリングに用いられる重要な機能です。状況や要件に応じて適切な方法を選ぶことが重要です。この記事が、RaiserrorとThrowの違いと使い時についての理解を深める手助けになれば幸いです。

コメント

コメントする

目次