優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

SQLトランザクション: Read UncommittedとRead Committedの特性と違い

この記事では、SQLのトランザクション分離レベルの一つである「Read Uncommitted」と「Read Committed」について、それぞれの特性と違いを深く解説します。SQLにおけるトランザクションの理解は、データベースを効率的に、そして安全に運用するために不可欠です。特に、多ユーザー環境やリアルタイム処理が必要な場合に、適切な分離レベルを選ぶことが重要になります。

目次

トランザクションとは

トランザクションとは、データベースに対する一連の操作をひとまとめにしたものです。これにより、データの整合性を保つことが可能になります。

トランザクションの基本的な特性

トランザクションは以下の4つの基本的な特性(ACID特性)を持っています。

  • Atomicity(原子性)
  • Consistency(一貫性)
  • Isolation(分離性)
  • Durability(持続性)

分離レベルとは

分離レベルとは、トランザクションがどれだけ他のトランザクションの影響を受けるか、または与えるかを制御する設定です。SQLでは、以下の4つの分離レベルがあります。

  • Read Uncommitted
  • Read Committed
  • Repeatable Read
  • Serializable

Read UncommittedとRead Committedの特性

Read Uncommittedの特性

Read Uncommitted(未コミット読取)は、他のトランザクションがまだコミットしていないデータも読み取ることができる分離レベルです。

特性説明
データの読み取り未コミットデータも読み取り可能
一貫性低い
ロックなし
Read Uncommittedの特性

Read Committedの特性

Read Committed(コミット済み読取)は、他のトランザクションがコミットしたデータのみを読み取ることができる分離レベルです。

特性説明
データの読み取りコミット済みデータのみ
一貫性中程度
ロック行レベル
Read Committedの特性

Read UncommittedとRead Committedの違い

Read UncommittedとRead Committedの主な違いは、データの一貫性とロックの有無です。以下の表で詳しく比較します。

項目Read UncommittedRead Committed
データの一貫性低い中程度
ロックの有無なし行レベル
読取り可能なデータ未コミットデータも含むコミット済みデータのみ
Read UncommittedとRead Committedの違い

まとめ

この記事では、SQLのトランザクション分離レベル「Read Uncommitted」と「Read Committed」について、特性と違いを解説しました。Read Uncommittedはデータ一貫性が低く、ロックをかけないために高いパフォーマンスを持っています。一方で、Read Committedは一貫性があり、行レベルでのロックがかかるため、安全性が高いです。どちらを使用するかは、システムの要件や性能に応じて選ぶ必要があります。

コメント

コメントする

目次