BtoB向けサービスをお得に発注【SBIバリュープレイス】詳細はコチラ

SQLにおけるコールド、ウォーム、ホットサイトでのリカバリプロセス

この記事では、SQLデータベースでのリカバリプロセスについて、特にコールドサイト、ウォームサイト、ホットサイトという3つの異なるリカバリ手法に焦点を当てて詳しく解説します。リカバリプロセスは、データロスやサーバーダウンといった緊急事態が発生した際に、データベースを早急に復元するための重要な手続きです。それぞれの手法がどのようなシナリオで有用か、またそれぞれのメリットとデメリットについても解説します。

目次

コールドサイトでのリカバリプロセス

コールドサイトとは、非常用のデータセンターがそのまま放置され、何も稼働していない状態を指します。緊急事態が発生した場合には、この場所に必要な設備を新たにセットアップすることで、復元作業が行われます。

メリットとデメリット

メリットデメリット
コストが低い復旧までの時間が長い
シンプルな構造手動でのセットアップが必要
コールドサイトのメリットとデメリット

適用シナリオ

  • 予算が限られている場合
  • 即時の復旧が必要でない場合
  • ウォームサイトでのリカバリプロセス

    ウォームサイトでは、必要なハードウェアとソフトウェアがあらかじめセットアップされていますが、リアルタイムでのデータ同期は行われていません。災害発生後、最後のバックアップからデータを復元することで、システムを再稼働させることができます。

    メリットとデメリット

    メリット デメリット
    復旧時間が短い コストが高い
    あらかじめセットアップ済み リアルタイム同期がない
    ウォームサイトのメリットとデメリット

    適用シナリオ

  • 中程度の予算がある場合
  • 短時間での復旧が求められる場合
  • ホットサイトでのリカバリプロセス

    ホットサイトは、主要なデータセンターとほぼ同じ環境が整えられ、リアルタイムでデータが同期されています。災害発生後、ほぼ即時にシステムを再稼働させることができます。

    メリットとデメリット

    メリット デメリット
    即時の復旧が可能 非常にコストが高い
    リアルタイムでのデータ同期 設定が複雑
    ホットサイトのメリットとデメリット

    適用シナリオ

  • 高い予算が確保できる場合
  • 即時の復旧が必須の場合
  • まとめ

    コールドサイト、ウォームサイト、ホットサイトはそれぞれ特有のメリットとデメリットがあり、異なるリカバリニーズに適しています。選択する手法は、予算、復旧時間、データの重要度など複数の要素に依存します。この記事で各手法の特徴を理解し、自分の状況に最適なリカバリプロセスを選べるようになれば幸いです。

    コメント

    コメントする

    目次