優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

SQLデータベースのリプリケーション設定の手順とメリット

SQLデータベースのリプリケーション設定は、データの整合性と可用性を高める重要な作業です。この記事では、リプリケーションの基礎から設定方法、メリット・デメリットに至るまで、詳しく解説します。

目次

リプリケーションとは?

リプリケーションは、一つのデータベースから別のデータベースへデータをコピーまたは移動するプロセスです。これにより、データの可用性や整合性、パフォーマンスを高めることが可能です。

リプリケーションの種類

主に以下の3種類が存在します。

  • マスター-スレーブリプリケーション
  • マルチマスターリプリケーション
  • ビデオリプリケーション

マスター-スレーブリプリケーションとは

一つのマスターデータベースがあり、そのコピーを一つ以上のスレーブデータベースが持っている形です。

リプリケーションの設定手順

前提条件の確認

設定を始める前に以下の項目が必要です。

  • データベースのバージョン確認
  • ネットワーク設定
  • ストレージ容量

マスターデータベースの設定

以下のコマンドでマスターデータベースの設定を行います。

# マスター側の設定
CHANGE MASTER TO
MASTER_HOST='master_host_ip',
MASTER_USER='replication_user',
MASTER_PASSWORD='replication_password',
MASTER_LOG_FILE='master_log_file',
MASTER_LOG_POS= master_log_pos;

スレーブデータベースの設定

スレーブ側でも似たような設定を行います。

# スレーブ側の設定
CHANGE MASTER TO
MASTER_HOST='master_host_ip',
MASTER_USER='replication_user',
MASTER_PASSWORD='replication_password',
MASTER_LOG_FILE='master_log_file',
MASTER_LOG_POS= master_log_pos;

[h2>リプリケーションのメリットとデメリット

メリットデメリット
高可用性設定が複雑
負荷分散コストがかかる
データバックアップデータ不整合の可能性
メリットとデメリットの一覧

まとめ

SQLデータベースのリプリケーション設定は、高可用性や負荷分散、データの安全性を向上させる有用な手段です。設定が少々複雑であり、費用もかかることがありますが、その価値は十分にあると言えるでしょう。

コメント

コメントする

目次