優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

SQLのレプリケーションとシャーディングの違いを徹底解説

この記事では、データベースのスケーラビリティと高可用性を向上させるための2つの主要なテクニック、すなわち「レプリケーション」と「シャーディング」について深く掘り下げます。これらの概念を理解することで、データベース設計と運用が効率的になるでしょう。

目次

レプリケーションとは

レプリケーションは、データベースのコピーを複数のサーバーに分散させるテクニックです。主に読み取り負荷の分散やデータの高可用性を確保する目的で使用されます。

レプリケーションの種類

基本的に、レプリケーションにはいくつかの種類があります。

種類特徴
マスタースレーブ一つのマスターが複数のスレーブにデータを複製
マスターマスター全てのノードが等価で、互いにデータを複製
シンクロナスデータの更新が全てのノードで同時に行われる
アシンクロナスデータの更新が非同期で行われる
レプリケーションの種類と特徴

レプリケーションの利点と欠点

利点欠点
高可用性コストがかかる
読み取り負荷の分散書き込みの負荷は分散しない
データの冗長性データの一貫性が確保しきれない場合がある
レプリケーションの利点と欠点

シャーディングとは

シャーディングは、データベースのデータを複数のサーバーに分割するテクニックです。主に書き込み負荷の分散やデータのスケーラビリティを目的としています。

シャーディングの種類

種類特徴
ホリゾンタルシャーディング行レベルでデータを分割
バーティカルシャーディング列レベルでデータを分割
ディレクトリベースディレクトリサービスを用いてデータを分割
シャーディングの種類と特徴

シャーディングの利点と欠点

利点欠点
書き込み負荷の分散設計が複雑
高スケーラビリティトランザクションの複雑性
リソースの有効活用データの再分配が必要な場合がある
シャーディングの利点と欠点

レプリケーションとシャーディングの違い

レプリケーションとシャーディングは、それぞれ異なる目的と特性を持っています。主に、レプリケーションは読み取り負荷と高可用性にフォーカスしているのに対し、シャーディングは書き込み負荷とスケーラビリティにフォーカスしています。

  • レプリケーションはデータのコピーを作成
  • シャーディングはデータを分割
  • レプリケーションは高可用性を向上
  • シャーディングはスケーラビリティを向上

まとめ

レプリケーションとシャーディングは、データベースのスケーラビリティと高可用性を向上させるための異なる手法です。レプリケーションは主に読み取り負荷の分散と高可用性を、シャーディング

は書き込み負荷の分散とスケーラビリティを目的としています。それぞれの方法には利点と欠点があり、使用する際にはその特性をしっかりと理解して選択する必要があります。

コメント

コメントする

目次