BtoB向けサービスをお得に発注【SBIバリュープレイス】詳細はコチラ

SQLで小数点以下の数字を四捨五入・切り捨てる方法

この記事では、SQL(Structured Query Language)で小数点以下の数字を四捨五入または切り捨てる方法について詳しく解説します。データベースで数値を扱う際、小数点以下の数字を四捨五入したり切り捨てたりすることはよくあります。SQLにはそのような処理を行うための関数が備わっており、その使い方について具体的な例とともに説明します。

目次

四捨五入の基本

SQLで小数点以下を四捨五入するには、一般に`ROUND()`関数を使用します。この関数は第一引数に四捨五入する値、第二引数に小数点以下の桁数を指定します。

SELECT ROUND(123.4567, 2);

このクエリは`123.4567`を小数点以下2桁に四捨五入した結果、`123.46`が出力されます。

ROUND()関数の使用例

元の数値桁数結果
123.45672123.46
123.4542123.45
123.4552123.46
ROUND()関数の使用例

切り捨ての基本

SQLで小数点以下を切り捨てる場合は、`FLOOR()`関数を使用します。

SELECT FLOOR(123.4567);

このクエリは`123.4567`の小数点以下を切り捨てて、`123`が出力されます。

FLOOR()関数の使用例

元の数値結果
123.4567123
123.999123
123.001123
FLOOR()関数の使用例

注意点と制約

DBMSによる差異

四捨五入や切り捨ての関数は、使用するDBMS(データベース管理システム)によっては異なる場合があります。MySQL, PostgreSQL, SQL Serverなど、それぞれで微妙に動作が違うこともあるので注意が必要です。

負の数に対する四捨五入と切り捨て

負の数に対する四捨五入や切り捨ても、`ROUND()`関数と`FLOOR()`関数で同様に行えますが、結果が直感と異なる場合もあるので注意が必要です。

まとめ

SQLで小数点以下の数字を四捨五入や切り捨てる方法について解説しました。`ROUND()`関数で四捨五入、`FLOOR()`関数で切り捨てができます。しかし、使用するDBMSや負の数に対する処理には注意が必要です。

コメント

コメントする

目次