BtoB向けサービスをお得に発注【SBIバリュープレイス】詳細はコチラ

SQLのSUM()関数を使ってテーブル内の数値データを合計する方法

SQLのSUM()関数はテーブル内の数値データを簡単に合計できる非常に便利な機能です。この記事では、SUM()関数の基本的な使用方法と、それを利用する際の注意点について詳しく解説します。

目次

SUM()関数とは

SUM()関数は、SQLで提供されている集計関数の一つです。この関数を使うと、指定した列の数値データを合計することができます。

基本構文

基本的なSUM()関数の構文は以下の通りです。

SELECT SUM(列名)
FROM テーブル名;

SUM()関数の使用例

サンプルテーブルの作成

実際にSUM()関数を使ってみる前に、以下のようなサンプルテーブルを作成します。

社員ID名前給与
1田中300000
2佐藤250000
3鈴木270000
テーブル1: サンプルテーブル

給与の合計を計算する

このサンプルテーブルを使って、社員の給与の合計を計算します。

SELECT SUM(給与)
FROM サンプルテーブル;

注意点と応用例

NULL値の扱い

SUM()関数はNULL値を0として扱います。これは、データが不完全な場合でも安全に合計値を計算できるというメリットがあります。

GROUP BYとの組み合わせ

SUM()関数はGROUP BY句と組み合わせることで、特定の条件に合致するレコード群ごとに合計値を計算することも可能です。

SELECT 部署, SUM(給与)
FROM サンプルテーブル
GROUP BY 部署;

まとめ

SQLのSUM()関数はテーブル内の数値データを合計するための強力なツールです。基本構文は簡単で、さまざまな応用例も考えられます。特に、GROUP BY句と組み合わせることでより高度なデータ分析が可能です。

コメント

コメントする

目次