優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

SQLトランザクションの分離レベルとROLLBACKの深掘り解説

SQLにおけるトランザクションの管理は、データの整合性を保つ上で非常に重要な概念です。特に、トランザクションの分離レベルとROLLBACKの関係は、多くの開発者が混乱するポイントでもあります。この記事では、SQLのトランザクションにおける分離レベルと、それがROLLBACKにどのように影響するのかを詳細に解説します。

目次

トランザクションとは?

トランザクションは、一連の操作をまとめた単位です。この単位内での操作は、全てが成功するか全てが失敗する(ROLLBACKされる)かのいずれかとなります。

分離レベルとは?

分離レベルは、トランザクションが他のトランザクションに与える影響の度合いを制御する設定です。SQLでは主に以下の4つの分離レベルがあります。

分離レベル説明
READ UNCOMMITTED未コミットのデータも読み取れる
READ COMMITTEDコミットされたデータのみ読み取れる
REPEATABLE READトランザクション開始時点でのデータを繰り返し読み取れる
SERIALIZABLE行レベルでのロックがかかり、最も厳格な分離が行われる
分離レベル一覧

分離レベルの選び方

分離レベルは、パフォーマンスとデータの整合性のトレードオフとなるため、ケースによって適切なレベルが異なります。

  • READ UNCOMMITTEDは、データ整合性が不要な一時的な読み取りに使えます。
  • READ COMMITTEDは、多くの業務アプリケーションで使われる基本的なレベルです。
  • REPEATABLE READは、高い整合性が必要な場合に使います。
  • SERIALIZABLEは、最も厳格な整合性が必要なケースで用いられます。

ROLLBACKとは?

ROLLBACKは、トランザクションが失敗した場合に、そのトランザクションが行った変更を元に戻す操作です。

ROLLBACKの動作

ROLLBACKは、トランザクション内で行われた全ての操作を取り消します。しかし、分離レベルによっては他のトランザクションに影響を与える場合があります。

BEGIN;
UPDATE table1 SET column1 = '新しい値';
ROLLBACK;

分離レベルとROLLBACKの関係

分離レベルによって、ROLLBACK時の挙動が異なる場合があります。例えば、READ UNCOMMITTEDのレベルであれば、ROLLBACK前に他のトランザクションが未コミットのデータを読む可能性があります。

分離レベルROLLBACK時の影響
READ UNCOMMITTED他のトランザクションが未コミットのデータを読む可能性がある
READ COMMITTED他のトランザクションはコミット後のデータのみ影響を受ける
REPEATABLE READ開始時点でのデータに基づいて操作されるため、ROLLBACK後も他のトランザクションに影響は少ない
SERIALIZABLE他のトランザクションが全く影響を受けない
分離レベルとROLLBACKの関係

まとめ

SQLのトランザクション管理において、分離レベルとROLLBACKは密接な関係にあります。分離レベルを理解し、適切に設定することで、データの整合性とパフォーマンスをバランス良く維持することが可能です。

コメント

コメントする

目次